GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ホームタウン活動

マイタウン・マイガンバ

すべてはホームタウンと共に。
地元からの温かい声援が私たちの力になります。

ガンバ大阪は、吹田市、茨木市、高槻市、豊中市、摂津市、池田市、箕面市を中心とした北摂・北河内地域14市3町を活動エリアとし、様々な活動を通して、地域のみなさまとの交流を深めています。

ガンバシスト協賛申込サポーティングショップ応募申込ホームタウン応援デー申込

GAMBAssist(ガンバシスト)

GAMBAssist(ガンバシスト)とは、ホームタウンから青少年健全育成や環境事業、街のにぎわい創りへのアシスト(協賛)です。ホームタウンの子ども達、街、環境のために何かしたいけれども、一人ではできない活動もみんなが協力することで輪を広げることができるのではないでしょうか。そのような活動をガンバ大阪を通じて実施しませんか?
子ども達の青少年健全育成やエコ活動、ホームタウンの活性化にご協賛いただけるプランをご用意しました。
また、協賛金額に応じて、様々な特典がございます。
皆様とホームタウンとガンバ大阪。お互いのアシストで未来は輝きます。
皆様からのアシスト(協賛)をお待ちしております!!

ガンバシスト協賛申込

主なホームタウン活動

ホームタウンふれあい活動

地域社会のこどもの健全育成を目的に「ホームタウンふれあい活動」を2003年にスタート。小学校にガンバ選手が訪問し、こどもたちとの触れ合いを続けています。2012年には参加児童が20万人を突破し、吹田教育委員会から感謝状をいただきました。

Gスカンビオ・アカデミア/ガンバ大阪スカンビオカップ

「Gスカンビオ・アカデミア」はJリーグの助成を受け、ガンバ大阪アカデミーコーチの指導のもと、2008年7月から実施している精神障がい者サッカー・フットサル教室です。また、精神障がい者フットサル大会として「ガンバ大阪スカンビオカップ」を主催しています。

北摂ガンバカップ少年サッカー大会

青少年の健全育成と地域のサッカーレベルの向上、競技人口の拡大を目的として、ガンバ大阪のホームタウン北摂地区の7市2町のサッカー連盟・協会と共催して、1997年から「北摂ガンバカップ少年サッカー大会」を実施しています。

啓発活動

青少年の健全育成や地域社会の発展のために、自治体と協力して様々な啓発活動に取り組んでいます。飲酒運転の撲滅を呼びかけるポスターにガンバ大阪選手が登場したり、ガンバボーイが吹田警察署長から「一日署長」の任命を受け「大阪安全なまちづくりキャンペーン」に参加するなど、様々な活動を続けています。

少年院訪問

青少年健全育成事業の一環として、茨木市内にある浪速少年院を訪問し、社会復帰を目指す院生との交流事業を2009年から行っています。2012年には「多年にわたり矯正教育に協力し、少年たちの改善更生に貢献した」として浪速少年院院長より感謝状をいただきました。

介護予防事業

介護予防事業の一環として、2009年からホームタウンの高齢の皆様を対象にスポンサーである学校法人平成医療学園から講師を招き、「ガンバボーイのストレッチ体操教室」を開催しています。

東日本大震災チャリティー活動

2011年3月11日、東北、関東一帯を襲った「東日本関東大震災」。ガンバ大阪は被災者の方々に元気と勇気を届けたいという想いから、チャリティーマッチの開催や、スタジアムでの募金活動など、様々なチャリティ活動を行っています。

環境活動

ホームゲーム開催時に、関西電力株式会社の節電対策「みんなで節電アクション!」の趣旨に賛同し、スタジアム、クラブハウスでの節電を実施したり、来場者のペットボトルのキャップを回収し、NPO法人を通じ、世界のこども達にワクチンを寄付するなど、様々な環境活動を実施しています。

サポーティングショップ

ホームタウン7市(吹田・茨木・高槻・豊中・摂津・池田・箕面)で展開している「サポーティングショップ」。ガンバ大阪の応援のぼりやホームゲーム告知のポスターの掲出など、クラブのPR活動にご協力いただいています。
※2014年よりガンバシスト協賛またはファンクラブの入会をお願いしております。
※クラブがサポーティングショップとして相応しくないと判断した場合は、申込みをお断りすることがあります。

サポーティングショップ応募申込

ガンバ大阪後援会

茨木後援会、吹田後援会、高槻後援会、豊中後援会が、力を合わせてホームタウンとガンバ大阪を盛り上げようと2010年に発足。地域とガンバ大阪をつなぐパイプ役として、様々な分野で活躍しています。