• Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ホームタウン活動詳細

マイタウン・マイガンバ

様々な活動を通じて地域活性化へ貢献

Jリーグが開幕した1993年からスタートしたホームタウン活動。
吹田市、茨木市、高槻市、豊中市、摂津市、池田市、箕面市を中心に、地域の皆様と交流して、絆を深めてきました。
ここでは、継続して行っている代表的な活動を中心にご紹介します。

主なホームタウン活動

コロナ禍の活動

#ホームで勝とう ~ガンバとともに~ホームタウンに今できること

世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず、日本でも緊急事態宣言が発令され多くの方々が心身のストレスと経済的な不安を抱え、日々の生活を過ごした2020年でした。
その中で、ガンバ大阪として「今できること」に取り組み、ファン・サポーター、パートナー、ホ ームタウンなど、ガンバファミリーの方々はもちろん、最前線で戦っていただいている医療従事者の方々や多くの方に元気や勇気、希望を与えることで、いつも応援いただいている皆様に少しでも恩返しをして「Stay Home」で新型コロナウイルスに打ち勝つ、という想いから『#ホームで勝とう ~ガンバとともに~』プロジェクトを立ち上げました。
このプロジェクトでは、まず最初にこの困難を乗り越えるべくガンバ大阪の選手、スタッフ、ホームタウンの行政の皆様やパートナー企業の皆様など様々な方にご協力いただきメッセージVTRを製作しました。
『#ホームで勝とう ~ガンバとともに~』の特設サイトもオープン。ホームタウン地域の飲食店や、パートナー企業などのテイクアウト情報、オンラインショッピングなどを掲載しました。
リーグ中断期間中は家にいても楽しめる活動を行い、その後も様々な活動へと広げていきました。

感謝の気持ちを込め医療従事者の方々へ限定ユニフォームシャツ寄贈

10月31日(土)明治安田生命J1リーグ第25節北海道コンサドーレ札幌戦は、『#ホームで勝とう ~ガンバとともに~』プロジェクトの一環で墨絵アーティストの茂本ヒデキチさんデザインによる限定ユニフォーム着用試合として開催しました。新型コロナウイルスの影響で、超厳戒態勢下でのサッカー観戦が続く中、ファン・サポ ーターの皆様に、少しでもサッカー観戦を楽しんでいただき、元気や勇気をお届けし、そして「新型コロナウイルスに負けない!」という思いを込めた限定ユニフォームシャツ配布を、ファン・サポーター・パートナー企業の皆様のご協力のもと実施しました。
その活動の一環として、現在も最前線で活躍いただいている医療従事者の方々に、感謝の気持ちと「応援」、「勇気」を届けたいと考え、ホームタウン北摂7市内にある医師会等を通じて限定ユニフォームシャツを寄贈させていただきました。

大阪大学医学部附属病院にも限定ユニフォームシャツを寄贈

チャリティーオークションでの支援

ガンバ大阪選手会とガンバ大阪は選手着用のユニフォームを出品したチャリティーオークションを実施しました。
チャリティーオークションは全4回実施され、第1弾は全額を「大阪府新型コロナウイルス助け合い基金」へ寄付しました。
第2弾から第4弾は、サッカーファミリーへの支援として、新型コロナウイルス感染拡大で大会の中止など影響を受けたサッカ ーファミリーを勇気づけることを目的に、「チャリティーオークシ ョン」の売上金の一部と選手会からも追加寄付をし、ホームタウンである北摂7市サッカー連盟及び団体所属の小学6年生を対象に、ガンバ大阪オリジナルスポーツマウスカバー(umbro製)を贈呈させていただきました。
贈呈式に参加した髙尾瑠選手(ガンバ大阪選手会長)は、「1日でも早くこの事態が収束することを願い、僕たち選手も力を尽くしていきたいと思います」と力強いメッセージを発信しました。

1リーグ最終節の試合前にサッカーファミリー支援贈呈セレモニーを実施

様々な啓発活動

新型コロナウイルス感染防止対策として3密回避やソーシャルディスタンスなど新たな生活様式が定着しました。そんな新たな生活を、より普及させるために様々な啓発活動を実施しました。
関西4クラブがタッグを組み「負けへんで!関西」プロジェクトを立ち上げ、各クラブの代表選手を起用したデザインのポスターなどで新型コロナウイルス感染防止対策の一つである「ソーシャルディスタンス」や「熱中症予防」の啓発を実施しました。普段はライバル関係にありますが、日本中が苦しんでいる時だからこそ4クラブが手を取り合い関西全域での啓発活動が実現しました。
また、豊中市保健所の「#自分の健康法豊中」に選手が出演し自宅でできる運動を紹介したり、新型コロナウイルスの感染防止のため外出を自粛する市民を折り鶴でつなぐ企画「かどま折り鶴12万羽プロジェクト」にも参加。1日でも早いコロナウイルス収束を願って選手が折り鶴を折りました。

ホームタウンふれあい活動

ホームタウン地域の小学校を選手たちが訪問

ガンバ大阪では、2003年より子どもたちの健全育成を目的に選手が小学校を訪問する「ホームタウンふれあい活動」を継続して実施しています。
2020年は新型コロナウイルスの感染拡大のため実施できませんでしたが、これまでに延べ280,644人の子どもたちが参加し、選手とふれあいました。
ふれあい活動は、アカデミーコーチ進行のもと、選手がプロの技術を披露。その後は子どもたちとミニゲームなどをしてふれあい、4時間目に訪問した学校では、教室で一緒に給食をいただくという活動です。
ふれあい活動に参加した児童には、ふれあった選手が活躍する試合の醍醐味や感動を味わってもらうため、ガンバシスト協賛企業によるホームゲーム招待事業も行っています。

子どもたちと楽しみながらミニゲームを行います

子どもたちと集合写真を撮りました

リフティングやヘディングなどプロの技術を披露

子どもたちとミニゲームを通じて絆を深めます

恒例のふれあいハイタッチ。全児童とふれあいます

ホームタウンふれあい活動に加えて、ガンバ大阪は大阪府が主催するトップアスリート小学校ふれあい事業にも協力し、多くの子どもたちとふれあっています。小学生がスポーツの素晴らしさや感動を共有できること、また夢や希望を与え、運動・スポーツに親しむ態度や習慣を身につけることを目的とする本活動に賛同し、今後も自治体と連携して活動を続けていきます。

北摂地区ガンバカップ少年サッカー大会 Supported by Dimps

北摂の市町代表10チームが戦う 子どもたちの夢の大会

子どもたちの健全育成と地域のサッカーレベルの向上、そして子どもたちに夢を持ってもらうため、北摂地区7市2町のサッカー連盟・協会と、 2018年よりご協力いただいている株式会社ディンプス様とともに「北摂地区ガンバカップ少年サ ッカー大会 Supported by Dimps」を実施しています。
まずは各市町の代表10チームが2グループに分かれて総当たり戦を行い、各チームが4試合を戦いグループ1位を目指します。1位となったチームは、パナソニックスタジアム吹田のピッチで、プロの試合の前座で戦うことができます。
2020年は残念ながら新型コロナウイルスの影響によりサッカー大会は実施できませんでしたが、株式会社ディンプス様やガンバ大阪の選手協力のもと、ビデオメッセージやサイン入りTシャツ、サイン入りシューズケースが子どもたちに贈られました。
1997年よりスタートし20年以上続いている本大会は、子どもたちにとってプロと同じピッチに立ち、大勢のお客様の前でプレーできる憧れの舞台となっています。

選手のサイン入りオリジナルシューズケースを手にし、笑顔を見せる子どもたち

試合が中止となった子どもたちへ、宇佐美選手、倉田選手、東口選手がビデオメッセージを贈りました

試合が中止となった子どもたちへ、宇佐美選手、倉田選手、東口選手がビデオメッセージを贈りました

精神障がい者サッカー・フットサル

サッカーを通じて社会復帰を後押し

ガンバ大阪では2008年からJリーグの助成を受けて、精神障がい者スポーツ「Gスカンビオ」(フットサル)に取り組んでいます。「スカンビオ」とは「交流」を意味するイタリア語で、ホームタウンにある医療機関の院長によって名づけられました。スポーツによる「交流」を通じて参加者の社会復帰を後押しする活動となっています。
Gスカンビオは関西交流会と全国大会を実施。関西交流会は秋の全国大会に向けてチームのレベルアップと選手同士の交流を目的に実施しています。参加された方は最初、慣れないチームメートに遠慮する場面もありますが、徐々にコミュニケ—ションも取れ、最後には積極的に声を掛け合いながら楽しんでいます。
社会復帰を目指す参加者にとって試合に勝つことはもちろん、体を動かすことや仲間と協力すること、対戦相手を思いやることは非常に効果があるとされています。
ガンバ大阪から始まったこの活動は、全国各地に広がりを見せ、多くの方に参加いただいている活動となっています。
精神障がい者スポーツを通じて社会生活に触れる場を作り、社会復帰の支援となるよう、今後も取り組んでまいります。

2018年にJリーグ・Jクラブと地域が協働で社会課題を解決し、より良い社会の実現を目指す「Jリーグをつかおう!」プロジェクトがスタートしました。この活動は、3者以上関係者と共通価値を創る活動を想定しており、これらの社会貢献活動等を通じ、地域社会のサスティナビリティ確保、関係性の構築と学びの獲得、それぞれのステークホルダーの価値の再発見につなげることを目的としています。

ホームタウン応援デー

ガンバ大阪の試合観戦を通じて、スポーツ文化の振興と地域社会の活性化を目指して

ガンバ大阪ではホームタウン地域にお住まいの方を対象に、ホームタウン応援デーを実施しています。
ホームタウン応援デーはガンバシスト協賛企業により小中高生は無料でご招待され、ご家族・ご友人は割引価格で試合を観戦できます。
家族や友達とプロの試合を生で観戦する醍醐味を感じていただき、スポーツを通じてコミュニケーションを図る機会になれば、という思いから実施しています。

応援デーでは各市のマスコットキャラクターも来場し、各市をPRしています

地域貢献・支援活動

選手も一緒になって支援活動

ガンバ大阪ではJリーグとともに、震災や豪雨・台風による被災地の一日も早い復興を目指し、災害があった際は募金活動を試合開催時のスタジアムで実施しています。2020年は7月に「令和2年7月豪雨災害義援金 JリーグTEAM AS ONE募金」などを実施。多くのファン・サポーターの皆様にご支援をいただきました。
これらの活動により集まった募金は、TEAM AS ONE基金や、日本赤十字社を通じて被災地へ届けさせていただいています。

試合会場での募金活動には選手やガンバチア、チアキッズも参加し、来場者に協力を呼びかけています

地域との交流

街のにぎわい創造へ貢献

ガンバ大阪は地域活性化のお手伝いができるように、様々なイベントに参加し、地元の皆様とふれあいながら地域一体となって取り組んでいます。
ホームタウン地域を中心に、ガンバ大阪の選手やガンバボーイ、ガンバチア&チアキッズ、さらには選手OB会協力のもとOBも参加するなど、ガンバファミリー全体で地域の皆様とふれあっています。

インフォレストすいた

吹田市消防出初式

豊中えびす

摂津ふれあいマラソン

地域の教育・医療機関との連携

ホームタウンにある教育・医療機関と手を組み地域貢献活動を展開

ガンバ大阪は地域の様々な学校や医療機関と連携しています。試合会場ではゴミの分別を実施するエコ活動や、インターンシップ業務などを追手門学院大学が行っています。
また、フレンドシップパートナーを結んでいる大阪大学医学部附属病院がクラウドファンディングを実施した際には昌子源選手が応援メッセージを贈る形で参加。コロナ禍による厳しい面会制限により生まれてから一度も赤ちゃんに会うことのできないご両親のため、家族とわずかな時間しか会えない小児病棟入院中のお子さんのために、24時間オンライン面会ができるシステム構築のための挑戦を後押ししました。今後も地域の学校や医療機関と連携し様々な活動に取り組んでまいります。

追手門学院大学エコ活動

追手門学院大学インターンシップ業務

昌子選手が応援メッセージで支援を呼びかけました

少年院訪問

サッカーや会話を通じて少年の社会復帰を後押し

2009年より茨木ローズライオンズクラブ協力のもと、茨木市内にある浪速少年院への訪問を行っています。
この活動には選手・コーチが参加し、これまでの努力や挫折などの経験を院生に伝え社会復帰の一助となればと参加しています。
少年院では、院生の作業所や普段の活動などを拝見させていただき、その後は院生たちと体育館で一緒にボール回しやミニゲームを実施しています。継続することの重要性や相手を思いや ってボールをパスするなど、ガンバ大阪の選手も大事にしているチ ームワークの大切さを伝えています。少年院を訪問することで、選手・コーチ・スタッフもプロとしての自覚を感じる機会となっています。
2020年は訪問することができませんでしたが、 2021年1月に成人を迎える院生にメッセージを送らせていただきました。

小学校の体育授業への参画と幼稚園・保育園巡回活動

アカデミーコーチがボールを使って体を動かすことの楽しさを伝える

アカデミーコーチが小学校を訪問し、サッカーだけではなく運動やスポーツを「楽しい・好き」と思う子どもを増やすことで、運動習慣を確立させ、体力向上を目指す「子どもの体力づくりサポート事業」に取り組んでいます。
サッカーボールは他の球種より大きく、目で追いやすいため、園児の遊びに最適と言われています。いかに子どもたちに「楽しく体を動かす」体験をしてもらうかは、アカデミーコーチの腕の見せどころ。年齢に応じた様々なメニューを用意しつつ、工夫しながら実施しています。
サッカーを通じて、心身ともに健やかな子どもたちを育むことができるよう取り組んでいます。

介護予防事業

棒サッカーを通じ、ホームタウンの高齢者を笑顔に

ガンバ大阪は一般社団法人日本棒サッカー協会主催の生涯ユニバーサルスポーツの「棒サッカー大会」の後援を行っています。
棒サッカーは介護予防を目的とし、足を使わず座った状態で棒を持ち、棒を使ってゴールを目指すため、高齢期を迎え要介護となっても、障がいを有しても参加できるスポーツです。
チームが一丸となって「勝利」という目標に向かい協力するチームワークが大切なスポーツです。そのチームワークはコミュニケーションを活発にし、人間関係の活性化が図られ、社会性の向上が期待されます。
ガンバ大阪はガンバボーイやガンバチアが棒サッカー大会に駆けつけ、試合前のパフォーマンスや選手たちの応援に参加。選手やスタッフの皆さんとふれあい、大会を盛り上げています。

棒サッカーはチームで協力してボールを相手ゴールに運ぶスポーツです

自治体との協力事業

ガンバ大阪では国や地方自治体(大阪府・ホームタウン各市町)とともに様々な青少年健全育成事業と啓発活動を行っています。
ここでは代表的な活動を紹介します

青少年健全育成事業

パナソニックスタジアム吹田は、災害時の備蓄拠点としての機能を持つスタジアムです。
2016年からは吹田市立の小学校4年生を対象に「市民ふれあい事業 夢と希望を広げる出会い~未来への備え~inスタジアム」を実施し、サッカー教室と災害時に活躍する段ボールベッドの組み立て体験会などを行っています。
その他にも、地域でのサッカー教室にアカデミーコーチが参加し、サッカーの楽しさを伝えたり、ホームタウン地域からの遠足として来場いただき、スタジアムの楽しさと防災について学んでもらう機会を作っています。

市民ふれあい事業 夢と希望を広げる出会い~未来への備え~inスタジアム

市民ふれあい事業 夢と希望を広げる出会い~未来への備え~inスタジアム

啓発活動

大阪府やホームタウン各市自治体と連携し、スタジアムやホームタウン地域での啓発活動を行っています。
2020年も災害啓発・犯罪防止など様々な啓発活動を実施しました。試合開催時のパナソニックスタジアム吹田では、大阪880万人訓練の案内や、詐欺や災害時の啓発画像などでご来場の皆様にも呼びかけました。その他にも、大阪府赤十字血液センター様とシップヘルスケアホールディングス株式会社様とともに献血推進の啓発や、毎年行っている大阪府・吹田市と連携した児童虐待防止を訴える「オレンジリボンキャンペーン」、さらに児童虐待防止・DV防止を目的とした「Wリボンプロジェクトinすいた」など、様々な啓発活動に取り組んでいます。

献血推進啓発ポスター