ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

試合詳細

第33節 2021.10.23(土) 17:00~ パナスタ(9,886人) 晴、弱風 主審:谷本涼 副審:唐紙学志/熊谷幸剛

ガンバ大阪

  • 宇佐美貴史 10 '
試合終了
1
-
0
 
1 前半 0
0 後半 0
 

サガン鳥栖

  • ゴール
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • 交代
タイムライン
ガンバ大阪
  • イエローカード0枚 監督 松波正信
  • イエローカード1枚 GK 1 東口順昭
  • イエローカード0枚 DF 4 藤春廣輝
  • イエローカード3枚 DF 13 菅沼駿哉
  • イエローカード0枚 DF 14 福田湧矢
  • イエローカード3枚 DF 19 キム ヨングォン
  • イエローカード0枚 DF 27 髙尾瑠
  • イエローカード3枚 MF 10 倉田秋
  • イエローカード1枚 MF 15 井手口陽介
  • イエローカード1枚 MF 29 山本悠樹
  • イエローカード2枚 FW 18 パトリック
  • イエローカード1枚 FW 39 宇佐美貴史
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 31 加藤大智
  • イエローカード0枚 DF 16 佐藤瑶大
  • イエローカード0枚 DF 26 柳澤亘
  • イエローカード0枚 MF 8 小野瀬康介
  • イエローカード0枚 MF 17 奥野耕平
  • イエローカード2枚 FW 28 ウェリントン シウバ
  • イエローカード0枚 FW 33 白井陽斗

速報

  • 90+7'
    試合終了

  • 90+1'
    サガン鳥栖 シュート

    MF 10 樋口雄太

    ミドルレンジから右足で狙うも枠を外れる

  • 90'
    アディショナルタイム 6分

  • 88'
    サガン鳥栖 シュート

    MF 10 樋口雄太

    酒井がロングボールを落としたところ、ダイレクトで狙うも菅沼がブロック

  • 79' 交代
    ガンバ大阪 交代

    MF 29 山本悠樹 OUT → MF 17 奥野耕平 IN

  • 79' 交代
    ガンバ大阪 交代

    DF 27 髙尾瑠 OUT → DF 26 柳澤亘 IN

  • 79' 交代
    サガン鳥栖 交代

    MF 7 中野嘉大 OUT → DF 31 大畑歩夢 IN

  • 77'
    サガン鳥栖 CK

    クロスは東口がキャッチ

  • 77'
    サガン鳥栖 シュート

    MF 22 小屋松知哉

    ペナルティエリア内で左足で狙うも菅沼がブロック

  • 75' 交代
    ガンバ大阪 交代

    DF 19 キム ヨングォン OUT → DF 16 佐藤瑶大 IN

  • 67' 交代
    サガン鳥栖 交代

    MF 44 仙頭啓矢 OUT → FW 9 山下敬大 IN

  • 67' 交代
    ガンバ大阪 交代

    DF 14 福田湧矢 OUT → FW 28 ウェリントン シウバ IN

  • 67' 交代
    ガンバ大阪 交代

    MF 10 倉田秋 OUT → MF 8 小野瀬康介 IN

  • 66'
    ガンバ大阪 CK

    右サイドから宇佐美がクロスを入れるもクリアされる

  • 65'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 10 倉田秋

    相手DFのヘディングでのクリアを奪ってシュートを狙うもうまくミートできない

  • 65'
    サガン鳥栖 シュート

    DF 3 エドゥアルド

    ショートコーナーからのクロスにニアサイドでヘディングシュートを打つも枠の外

  • 64'
    サガン鳥栖 CK

  • 59'
    サガン鳥栖 シュート

    MF 44 仙頭啓矢

    ミドルシュートを狙うもポスト右に外れる

  • 56' 交代
    サガン鳥栖 交代

    MF 13 白崎凌兵 OUT → MF 22 小屋松知哉 IN

  • 55'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 39 宇佐美貴史

    再び山本、パトリックとのカウンターから、相手DFをかわしてシュートを狙うもバーの上に外れる

  • 53'
    ガンバ大阪 シュート

    DF 19 キム ヨングォン

    パトリックのシュートのこぼれ球を狙うも再びブロックされる

  • 53'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 18 パトリック

    クロスにファーサイドでヘディングシュートを合わせるもDFにブロックされる

  • 53'
    ガンバ大阪 CK

    キッカーは宇佐美

  • 52'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 39 宇佐美貴史

    カウンターからシュートを狙うも相手DFにブロックされCKに

  • 48'
    ガンバ大阪 シュート

    DF 14 福田湧矢

    クロスが流れたところをキムヨングォンのパスを受けた福田がDFをかわしてシュートを狙うが、惜しくもバーの上に外れる

  • 48'
    ガンバ大阪 直接FK

    敵陣右サイドから宇佐美がゴール前にクロスを入れるもボールは逆サイドに流れる

  • 46'
    後半開始

  • 46' 交代
    サガン鳥栖 交代

    DF 24 飯野七聖 OUT → MF 37 小泉慶 IN

  • 46' 交代
    サガン鳥栖 交代

    FW 29 岩崎悠人 OUT → MF 15 酒井宣福 IN

  • 45+3'
    ハーフタイム

  • 45'
    アディショナルタイム 2分

  • 42'
    サガン鳥栖 直接FK

    右サイドからFKはニアサイドを狙うも東口がキャッチ

  • 41'
    ガンバ大阪 直接FK

    宇佐美のFKはファーサイドのパトリックを狙うも、合わずゴールラインを割る

  • 40'
    サガン鳥栖 シュート

    MF 13 白崎凌兵

    左サイドからのスルーパスを受けシュートを打つもサイドネット

  • 39'
    サガン鳥栖 シュート

    MF 10 樋口雄太

    右サイドからの早いパスをダイレクトにシュートを打つも枠は捉えず

  • 35'
    サガン鳥栖 直接FK

    左サイドゴールライン付近から樋口がFKを蹴るもクリアする

  • 22'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 15 井手口陽介

    宇佐美のふわりとしたクロスにダイレクトでミドルシュートを狙うもDFにブロックされる

  • 22'
    ガンバ大阪 CK

    キッカーは宇佐美

  • 21'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 39 宇佐美貴史

    東口からのゴールキックを宇佐美が受けトラップをしミドルシュートを打つも惜しくも枠は捉えず

  • 15'
    ガンバ大阪 直接FK

    宇佐美がFKを蹴りパトリックが頭で合せこぼれ球に菅沼が頭で合せゴールネットを揺らすもオフサイド判定となる

  • 10' ゴール
    ガンバゴール

    FW 39 宇佐美貴史

    相手CKのクロスをキャッチした東口からのカウンターで、ペナルティエリア内でパスを受けた宇佐美が左足で放ったシュートをゴールに流し込み先制点を奪う!

  • 10'
    サガン鳥栖 CK

    左サイド樋口からのCKはショートコーナーからクロスをあげるも東口がキャッチ

  • 9'
    サガン鳥栖 シュート

    MF 44 仙頭啓矢

    ミドルシュートを打つも枠は捉えず

  • 1'
    試合開始

サガン鳥栖
  • 監督 金明輝 イエローカード0枚
  • イエローカード1枚 GK 40 朴一圭
  • イエローカード2枚 DF 24 飯野七聖
  • イエローカード3枚 DF 20 ファン ソッコ
  • イエローカード3枚 DF 3 エドゥアルド
  • イエローカード2枚 DF 47 中野伸哉
  • イエローカード1枚 MF 13 白崎凌兵
  • イエローカード1枚 MF 4 島川俊郎
  • イエローカード3枚 MF 44 仙頭啓矢
  • イエローカード3枚 MF 7 中野嘉大
  • イエローカード1枚 MF 10 樋口雄太
  • イエローカード0枚 FW 29 岩崎悠人
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 1 守田達弥
  • イエローカード1枚 DF 31 大畑歩夢
  • イエローカード3枚 MF 37 小泉慶
  • イエローカード0枚 MF 27 相良竜之介
  • イエローカード0枚 MF 22 小屋松知哉
  • イエローカード0枚 MF 15 酒井宣福
  • イエローカード2枚 FW 9 山下敬大

チームスタッツ

ガンバ大阪
  • 合計
  • 前半
  • 後半
サガン鳥栖

シュート数

8
10
FW 39 宇佐美貴史
4
MF 15 井手口陽介
2
FW 18 パトリック
1
DF 14 福田湧矢
1
MF 44 仙頭啓矢
2
MF 22 小屋松知哉
2
MF 10 樋口雄太
2
MF 7 中野嘉大
1
MF 15 酒井宣福
1
MF 13 白崎凌兵
1
DF 3 エドゥアルド
1

CK

3
3

直接FK

14
7

間接FK

1
1

PK

0
0

GK

11
9

オフサイド

1
1

シュート数

3
3
FW 39 宇佐美貴史
2
MF 15 井手口陽介
1
MF 44 仙頭啓矢
1
MF 13 白崎凌兵
1
MF 10 樋口雄太
1

CK

1
1

直接FK

7
2

間接FK

1
1

PK

0
0

GK

5
2

オフサイド

1
1

シュート数

5
7
FW 39 宇佐美貴史
2
MF 15 井手口陽介
1
FW 18 パトリック
1
DF 14 福田湧矢
1
MF 22 小屋松知哉
2
MF 7 中野嘉大
1
MF 44 仙頭啓矢
1
MF 15 酒井宣福
1
MF 10 樋口雄太
1
DF 3 エドゥアルド
1

CK

2
2

直接FK

7
5

間接FK

0
0

PK

0
0

GK

6
7

オフサイド

0
0

シュート数

0
0

CK

0
0

直接FK

0
0

間接FK

0
0

PK

0
0

GK

0
0

オフサイド

0
0
※チームスタッツは試合中は速報を元に集計した値を表示し、試合後しばらくしてから公式スタッツの値を表示しています。

ハーフタイムコメント

ガンバ大阪

・相手にボールを握られてもスライド、球際を意識して粘り強く守ること。
・奪ったあとのパスの質にこだわる。
・しっかり声をかけ合って集中して戦おう。

サガン鳥栖

・あいまいなポジションにならないように。
・しっかり声をかけてパワーをもって失点を取り返そう。
・セカンドボールをしっかり拾っていこう。

総評(試合終了後のガンバ大阪コメント)

監督
松波監督「鳥栖さんの方がしっかりとボールを握るというのは予想ができた中で、どこで奪ってどうやって出ていくかというところをしっかりと準備してきて、何度かチャンスを作れたところはあったので、本当に選手たちのやるべきことをしっかりとやってくれました。追加点を取れるチャンスが何回かあったので、そこをしっかりと決め切れればもう少し楽な展開になったと思うんですけども、最後までしっかりと選手たちがタフに粘り強く戦ってくれたと思います。」

Q「得点シーンですが、東口選手がボールを持ってからのロングカウンターで、4選手ほどが相手ゴール前に雪崩れ込んで行ったような感じでしたが、東口選手を起点にした速攻はこの一週間かなり練習されてきたのでしょうか。」
松波監督「狙いは共有していました。ボールを取った後の相手の帰陣の遅さやサイドのスペースを狙うというところは、全員で意識を共有できて飛び出せたと思います。」

Q「この試合でもし負けていたら降格圏と勝点4差でしたが、その辺りは試合前にご存知でしたか。」
松波監督「情報は入っていました。あまり選手たちにプレッシャーはかけたくないとは思いましたけども、おそらく選手たちも情報の中では知っていたと思います。重要な試合だということは試合前に伝えて送り出してはいたので、その一言で全員がわかったと思いますし、それをしっかりピッチで表現してくれたんじゃないかなと思います。」

Q「キム・ヨングォン選手は足を攣ったというか筋肉系だと思うのですが、今分かっている範囲で状態はいかがでしょうか。」
松波監督「まだ確認はできていないです」

Q「昨日は東口選手が毎試合救われる試合が多いとおっしゃっていましたが、今日は枠内シュートもほとんどなく、東口選手のビッグセーブする場面もなかったということで逆にチーム全体の守備が相当よかったと思うのですが、具体的によかった点をどう分析されていますか。」
松波監督「押し込まれる展開ではありましたけども、最後のところで体を少しでも近づけるとか、やはりそれでヒガシの能力がさらに高まるところもあったと思います。今週は攻撃のトレーニングを多くしたんですけども、そのような攻撃が多く出た中で、逆に守備陣の意識が高まったんじゃないかなと思います。」

Q「スコアこそ1-0でしたが、試合内容を考えると攻撃も守備も今季ベストというか、結果も含めて今ガンバが目指すべき方向性が出た試合だったと思いますがいかがでしょうか。」
松波監督「そうですね。しっかりと守備もアグレッシブにしながら奪いにいく時と、押し込まれた時にしっかりと守るという中で、カウンターと速い攻めはしっかりと意識はできていたと思います。ただ、ボールを握られる時間が少し長かったので、そこはもう少し自分たちが主導権を握れる、本来であればそういうところを目指している中ではあったのですが、ただ状況的には勝点3というのは絶対に取らないといけない中で、その辺の選手たちの割り切りも含めて今日の試合というのは大きかったんじゃないかなと思います。」

Q「鳥栖が展開的に終盤パワープレーに来るのは当然ですが、その中で途中出場の佐藤選手と柳澤選手が空中戦で競り負けなかったのはDFラインも安定感がありましたが、そこの評価と鳥栖がパワープレーに来ることを想定して練習されていたのか教えてください。」
松波監督「いや、トレーニングの中でということはないですけども今日(相手の)メンバーを見た中で、酒井選手と山下選手がサブにいたので劣勢になった時にはそういうプレーが多くなるというのは想定はしていましたので、単純にボールを入れてきてくれれば、佐藤もヘディングはJ1で十分やれる力はあるので、そういうところは安心感はありました。」

Q「攻撃の練習をしていたというところは基本的にはカウンターの練習だったのでしょうか。」
松波監督「カウンターというよりは、相手のDFラインの背後にアクションするというトレーニングが多かったですね。」

Q「今日の試合では徹底ぶりというか割り切りぶりというか、選手達の意思が強かったと思いますが、その辺は松波監督がどのように働きかけてチームに徹底させることができたと感じていますか。」
松波監督「DFラインの背後へのランニング、アクションしてそこを狙うというのはこの数試合の鳥栖さんを見ててもウィークではあったので、そこをしっかりと狙えれば勝点3、勝利には確率的にも高くなると今日のミーティングでも徹底的に背後へのアクションという言葉を選手には伝えていました。それでアクションがなければダメだと思うし、本当に選手たちがその役割というものをしっかりとやってくれたんじゃないかなと思います。」

Q「もちろん鳥栖対策ではあったと思いますが、今日の戦い方というのは残留を決めるために残り試合への手応えになりますか。」
松波監督「もちろん課題というか修正する部分はあると思いますが、今後上位のチームとも当たりますし、うちより下位のチームとの対戦もあるので、本当に今日の試合をベースとしてハードワークはもちろん全員がやることはマストな中で、ガンバらしいサッカーが少しでも出ればなという風には思います。」