ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

試合詳細

第34節 2020.12.19(土) 14:00~ パナスタ(15,252人) 曇のち晴、弱風 主審:家本政明 副審:越智新次/西村幹也

ガンバ大阪

試合終了
0
-
2
 
0 前半 0
0 後半 2
 

清水エスパルス

  • 川本梨誉 49 '
  • 金子翔太 64 '
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • ゴール
  • ゴール
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • 交代
タイムライン
ガンバ大阪
  • イエローカード0枚 監督 宮本恒靖
  • イエローカード2枚 GK 1 東口順昭
  • イエローカード1枚 DF 4 藤春廣輝
  • イエローカード2枚 DF 5 三浦弦太
  • イエローカード3枚 DF 19 キム ヨングォン
  • イエローカード3枚 DF 27 髙尾瑠
  • イエローカード1枚 MF 10 倉田秋
  • イエローカード0枚 MF 14 福田湧矢
  • イエローカード0枚 MF 26 奥野耕平
  • イエローカード0枚 MF 29 山本悠樹
  • イエローカード1枚 FW 18 パトリック
  • イエローカード0枚 FW 30 塚元大
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 16 一森純
  • イエローカード3枚 DF 3 昌子源
  • イエローカード0枚 MF 21 矢島慎也
  • イエローカード0枚 MF 34 川﨑修平
  • イエローカード0枚 MF 45 中村仁郎
  • イエローカード0枚 FW 38 唐山翔自
  • イエローカード0枚 FW 39 渡邉千真

速報

  • 90+6'
    試合終了

  • 90+5'
    ガンバ大阪 CK

  • 90+5'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 14 福田湧矢

    クロスボールのこぼれ球を拾ってロングシュートを試みる。

  • 90+5'
    ガンバ大阪 直接FK

    中村が左足インスイングのクロスを入れるもヘディングでクリアされる。

  • 90+3'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 18 パトリック

  • 90+3'
    ガンバ大阪 CK

    ゴール前で競り合うもそのままラインを割る。

  • 90+3'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 45 中村仁郎

    クロスボールのこぼれ球を拾ってミドルシュートを狙う。

  • 90+2'
    清水エスパルス CK

  • 90'
    アディショナルタイム 4分

  • 89'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 38 唐山翔自

    左サイドからのクロスに頭で合わせるもゴール上に外れる。

  • 87'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 45 中村仁郎

    右サイドから切り込んで左足でミドルシュートを狙うもキーパーにキャッチされる。

  • 86'
    ガンバ大阪 CK

    CKはパトリックが競り合うもキーパーにキャッチされる。

  • 83' 交代
    清水エスパルス 交代

    FW 14 後藤優介 OUT → FW 37 鈴木唯人 IN

  • 83' 交代
    清水エスパルス 交代

    DF 21 奥井諒 OUT → DF 15 金井貢史 IN

  • 81' 交代
    ガンバ大阪 交代

    MF 10 倉田秋 OUT → MF 45 中村仁郎 IN

  • 81' 交代
    ガンバ大阪 交代

    MF 29 山本悠樹 OUT → FW 38 唐山翔自 IN

  • 80'
    ガンバ大阪 CK

    CKはヘディングでクリアされる。

  • 79'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 29 山本悠樹

    クリアボールを拾ってシュートを狙うも惜しくも枠を外れる。

  • 76'
    清水エスパルス CK

    CKはヘディングでクリア。

  • 76'
    清水エスパルス シュート

    MF 16 西澤健太

    ミドルシュートを受けるも、DFが体に当ててクリアする。

  • 72'
    清水エスパルス シュート

    MF 16 西澤健太

    FKで直接ゴールを狙うも枠を外れる。

  • 72'
    清水エスパルス 直接FK

  • 71' 交代
    清水エスパルス 交代

    DF 4 吉本一謙 OUT → MF 28 西村恭史 IN

  • 64' ゴール
    清水エスパルス ゴール

    MF 30 金子翔太

    クリアボールを拾われ、ペナルティエリア内から狙いすましたシュートを流し込まれて追加点を許す。

  • 63'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 10 倉田秋

    再び倉田がミドルシュートを狙うも枠外に。

  • 62'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 10 倉田秋

    左サイドで細かくパスをつなぎ、中央でパスを受けた倉田が左足で狙うも枠を外れる。

  • 61' 交代
    ガンバ大阪 交代

    FW 30 塚元大 OUT → MF 34 川﨑修平 IN

  • 61' 交代
    清水エスパルス 交代

    MF 17 河井陽介 OUT → MF 7 六平光成 IN

  • 55'
    ガンバ大阪 CK

    CKがクリアしきれずペナルティエリア内でこぼれるも相手キーパーにキャッチされる。

  • 53' 交代
    ガンバ大阪 交代

    MF 26 奥野耕平 OUT → MF 21 矢島慎也 IN

  • 53' 交代
    ガンバ大阪 交代

    DF 4 藤春廣輝 OUT → FW 39 渡邉千真 IN

  • 52'
    清水エスパルス シュート

    MF 16 西澤健太

    DFラインの間を抜かれてシュートを受けるも東口がセーブ、ヨングォンがクリアし追加点を許さない。

  • 49' ゴール
    清水エスパルス ゴール

    FW 33 川本梨誉

    CKの流れから、シュート性のクロスに合わせられ先制点を許す。

  • 49'
    清水エスパルス CK

  • 49'
    清水エスパルス シュート

    FW 33 川本梨誉

    先のシュートのこぼれ球に詰められるも再び東口がスーパーセーブ。

  • 48'
    清水エスパルス シュート

    FW 14 後藤優介

    強烈なミドルシュートも東口が横っ飛びでセーブ。

  • 46'
    後半開始

  • 45+3'
    ハーフタイム

  • 45+3'
    ガンバ大阪 CK

    CKはニアサイドでクリアされ、前半終了。

  • 45'
    アディショナルタイム 1分

  • 43'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 10 倉田秋

    パトリックの落としに反応した倉田が左足で狙うも枠外に。

  • 42'
    ガンバ大阪 CK

    ショートコーナーから塚元がクロスを入れるも、DFにクリアされる。

  • 37'
    ガンバ大阪 CK

    CKはニアサイドでクリアされる。

  • 19'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 26 奥野耕平

    ファーサイドで待ち構えていた奥野が頭で合わせるも枠を外れる。

  • 19'
    ガンバ大阪 CK

  • 12'
    清水エスパルス CK

    CKはニアサイドでDFがヘディングでクリア。

  • 11'
    清水エスパルス シュート

    DF 21 奥井諒

    右サイドで前が開いたところ、ミドルシュートも東口がパンチングでセーブ。

  • 4'
    ガンバ大阪 CK

    CKは再びニアサイドでDFにヘディングでクリアされる。

  • 2'
    ガンバ大阪 CK

    CKはニアサイドでDFがヘディングでクリアされる。

  • 1'
    試合開始

清水エスパルス
  • 監督 平岡宏章 イエローカード1枚
  • イエローカード0枚 GK 39 大久保択生
  • イエローカード3枚 DF 18 エウシーニョ
  • イエローカード0枚 DF 4 吉本一謙
  • イエローカード0枚 DF 2 立田悠悟
  • イエローカード2枚 DF 21 奥井諒
  • イエローカード1枚 MF 16 西澤健太
  • イエローカード2枚 MF 17 河井陽介
  • イエローカード1枚 MF 6 竹内涼
  • イエローカード0枚 MF 30 金子翔太
  • イエローカード0枚 FW 14 後藤優介
  • イエローカード0枚 FW 33 川本梨誉
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 1 西部洋平
  • イエローカード1枚 DF 15 金井貢史
  • イエローカード0枚 MF 7 六平光成
  • イエローカード0枚 MF 13 宮本航汰
  • イエローカード2枚 MF 20 中村慶太
  • イエローカード1枚 MF 28 西村恭史
  • イエローカード1枚 FW 37 鈴木唯人

チームスタッツ

ガンバ大阪
  • 合計
  • 前半
  • 後半
清水エスパルス

シュート数

12
10
MF 10 倉田秋
3
MF 45 中村仁郎
2
MF 26 奥野耕平
2
MF 29 山本悠樹
1
MF 14 福田湧矢
1
FW 39 渡邉千真
1
FW 38 唐山翔自
1
FW 30 塚元大
1
MF 16 西澤健太
3
FW 33 川本梨誉
2
FW 14 後藤優介
2
MF 30 金子翔太
1
DF 21 奥井諒
1
DF 18 エウシーニョ
1

CK

11
4

直接FK

7
5

間接FK

1
2

PK

0
0

GK

4
11

オフサイド

1
2

シュート数

4
1
MF 26 奥野耕平
2
MF 10 倉田秋
1
FW 30 塚元大
1
DF 21 奥井諒
1

CK

6
1

直接FK

3
3

間接FK

0
1

PK

0
0

GK

1
3

オフサイド

0
1

シュート数

8
9
MF 45 中村仁郎
2
MF 10 倉田秋
2
MF 29 山本悠樹
1
MF 14 福田湧矢
1
FW 39 渡邉千真
1
FW 38 唐山翔自
1
MF 16 西澤健太
3
FW 33 川本梨誉
2
FW 14 後藤優介
2
MF 30 金子翔太
1
DF 18 エウシーニョ
1

CK

5
3

直接FK

4
2

間接FK

1
1

PK

0
0

GK

3
8

オフサイド

1
1

シュート数

0
0

CK

0
0

直接FK

0
0

間接FK

0
0

PK

0
0

GK

0
0

オフサイド

0
0
※チームスタッツは試合中は速報を元に集計した値を表示し、試合後しばらくしてから公式スタッツの値を表示しています。

ハーフタイムコメント

ガンバ大阪

・引いて守るのではなく、前から積極的な守備をしよう。
・同じテンポではなく、素早い攻撃を意識すること。
・チャンスを決めきること。ゴールを奪って勝ちきろう。

清水エスパルス

・相手のクロスへの対応をしっかり。
・こういう試合は粘り強く、辛抱強く戦うこと。
・最後決めて笑って帰ろう!

総評(試合終了後のガンバ大阪コメント)

監督
Q「今日の試合は2位という順位が確定した中で、少し今までと攻撃の仕方も違う部分も意識したように最初見えましたが、どういうところを選手に伝えて試合に入りましたか。」
宮本監督「今までよりダイレクトに直接的に前線にボールを入れて、相手陣内に早く持って行ってそこで勝負をするようなもので、ある程度、それをやってきて、その順位を確保した中でこれから先、もう少し、丁寧にボールを扱う、下でつなぐ時間も作りながら相手陣内に持って行って、そこでゴールを挙げるという狙いを持って今日に関してはスタートしましたし、そういったトライというか、もちろん今までの流れを守備の部分では生かしながら、でも攻撃になった時にはもう少しビルドアップのところということを選手には求めて試合に入りました。」

Q「前半、悪くなかった部分もあったと思いますが、なかなかあと一歩というところは宮本監督はどういうところが課題だと感じられましたか。」
宮本監督「相手のペナルティエリアの中、もしくはその付近に行った時のスイッチの入れるタイミングとか、そこでも同じようにリズムが変わらなかった。やはり、そこでもう少しワンタッチのパスを入れたり、相手の意表を付くようなプレーということがないと、少し下がった相手を崩すのは難しいという話をしましたし、あとは奪った後の早く攻めるという部分は今までも出来ていたところがありましたし、そういうのも少しは見られましたけど、やはり改善点としては押し込んだ中でのプレーの質の向上というところは、前半は必要だなと思って見てはいました。」

Q「今日、塚元選手を起用した理由と評価、そして最後に中村選手の評価もお願いします。」
宮本監督「大(塚元)に関しては、パト(パトリック)と千真(渡邉)でずっとツートップで行っていましたけど、中2日というところのコンディションも考えて、フレッシュな大で行きました。練習からもしっかりとしたパフォーマンスを出していましたし、そういったものを、後は、相手のDFラインと中盤の間でボールを受けるようなところ、ああいう狭いところで時間を作れる選手なので、そういったところも期待して起用しました。らしさも出たと思いますし、初めてのスタメンというところで緊張もあったと思います。色々と彼なりに課題も見つかったんじゃないかなと思います。仁郎(中村)は、やはり自然とボールが集まっていましたし、ボールを引き出すところであったり、相手を少し剥がすところ、持ち運ぶところに関して本来の良さが出たと思います。サイドの遠いところに置くよりも、少し中央の軸の近くに置いて、チャンスを作るというところ、またシュートを狙うというところを求めて、ピッチに送り出しましたけれども短い時間の中で、仁郎らしいプレーというものがこのレベルでも見られたところは今後のチームにとってもいい参考材料になります。」

Q「塚元選手がユースの時に宮本監督から『チャンスは待っていても来ない』というアドバイスをもらったと聞きましたが、宮本監督も覚えていらっしゃると思いますが、今シーズン、彼がJ3から這い上がって来てドリブルで運んだり、今日は1.5列目のような役割をこなしていましたが、塚元選手が一番成長した部分をどのように感じていらっしゃいますか。」
宮本監督「持っているものを出せるか出せないかのところで、例えばU-23の試合で出来ているプレーがトップの練習に来ると出せなかったりした夏場だったんですけど、そういったものが練習の中でもそういったシーンがなくなって、大らしい仕掛けであったり、ライン間で受けて、持ち運んでフィニッシュまでとかいうところも増えて来たので、試合に起用のどこかでタイミングがあるかなとも考えていましたし、それが今日になって良いところもあれば、やっぱりボールロスト、簡単なところも見られましたから、そこは改善点だと思うんですけれども、求めているものというか、自分でそのチャンスを掴みに行くとか、がむしゃらさとかそういうものと言うものはやはりプロとして生きていく上で必要なことだと若い選手に常に言っていますし、翔自(唐山)にしても修平(川﨑)にしても、大にしても同じですけど、耕平(奥野)にしてもそういった選手たちがそういうメンタルでもってポジションを奪うんだという強い気持ちを持ってやってくれることが、チームの底上げにつながると思っているので、引き続きそういったところは期待して行きたいと思います。」

Q「昨日の会見でも中村選手に関して成長している点と一発を持っている点に期待をされていると話をされていましたが、来シーズンガンバらしい部分を更に、と宮本監督がおっしゃっていた中で、そういうところで中村選手は違いを出せる選手というか、今日もシザースからの中村選手らしい部分が出ていました。彼あたりが成長していけば、本来のガンバらしい攻撃に来季以降つながっていくという期待感はありますか。」
宮本監督「もちろん、押し込んだ中での細かなコンビネーションからのフィニッシュというところは、やはりこのクラブの持っている良さだと思いますし、我々の強さだと思うので、そういったものを表現できる選手がいるということは、今後にとって明るい材料だとは思います。」