ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

試合詳細

第21節 2019.9.1(日) 19:00~ パナスタ(961人) 曇 主審:堀格郎 副審:緒方孝浩 / 国吉真樹

ガンバ大阪U-23

  • 唐山翔自 11 '
  • 中村仁郎 50 '
  • 唐山翔自 52 '
  • 中村仁郎 63 '
  • 唐山翔自 76 '
  • 白井陽斗 86 '
試合終了
6
-
0
 
1 前半 0
5 後半 0
 

福島ユナイテッドFC

  • ゴール
  • ゴール
  • ゴール
  • ゴール
  • ゴール
  • ゴール
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • イエローカード
  • イエローカード
  • 交代
  • 交代
  • 交代
タイムライン
ガンバ大阪U-23
  • イエローカード0枚 監督 森下仁志
  • イエローカード0枚 GK 41 谷晃生
  • イエローカード0枚 DF 43 大串昇平
  • イエローカード1枚 DF 42 大野榛里
  • イエローカード2枚 DF 36 松田陸
  • イエローカード0枚 DF 35 山口竜弥
  • イエローカード0枚 MF 26 奥野耕平
  • イエローカード0枚 MF 32 芝本蓮
  • イエローカード0枚 MF 45 伊勢航
  • イエローカード0枚 MF 48 中村仁郎
  • イエローカード0枚 FW 47 川﨑修平
  • イエローカード0枚 FW 38 唐山翔自
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 46 王新宇
  • イエローカード0枚 DF 44 村上景司
  • イエローカード1枚 FW 37 白井陽斗

交代

ガンバ大阪U-23
  • 77'MF 45 伊勢航 → FW 37 白井陽斗
  • 80'DF 35 山口竜弥 → DF 44 村上景司
  • 90 +1'GK 41 谷晃生 → GK 46 王新宇
福島ユナイテッドFC
  • 46'FW 18 小牟田洋佑 → FW 9 武颯
  • 56'MF 10 橋本拓門 → FW 20 イスマイラ
  • 78'MF 27 池田昌生 → MF 11 川中健太

イエローカード

ガンバ大阪U-23
  • 45 +2'DF 36 松田陸
  • 57'MF 32 芝本蓮
福島ユナイテッドFC

レッドカード

ガンバ大阪U-23
福島ユナイテッドFC
福島ユナイテッドFC
  • 監督 松田岳夫 イエローカード0枚
  • イエローカード2枚 GK 1 堀田大暉
  • イエローカード1枚 DF 6 輪笠祐士
  • イエローカード2枚 DF 3 阪田章裕
  • イエローカード2枚 DF 19 河西真
  • イエローカード0枚 DF 14 星広太
  • イエローカード2枚 MF 27 池田昌生
  • イエローカード2枚 MF 40 樋口寛規
  • イエローカード1枚 MF 10 橋本拓門
  • イエローカード1枚 MF 23 田村亮介
  • イエローカード0枚 FW 39 雪江悠人
  • イエローカード1枚 FW 18 小牟田洋佑
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 21 イ ユノ
  • イエローカード0枚 DF 15 石堂圭太
  • イエローカード0枚 DF 22 寺前光太
  • イエローカード0枚 MF 11 川中健太
  • イエローカード1枚 MF 29 吉永大志
  • イエローカード2枚 FW 9 武颯
  • イエローカード0枚 FW 20 イスマイラ

チームスタッツ

ガンバ大阪U-23
  • 合計
  • 前半
  • 後半
福島ユナイテッドFC

シュート数

24
15
FW 38 唐山翔自
6
FW 47 川﨑修平
5
MF 48 中村仁郎
4
FW 37 白井陽斗
4
MF 32 芝本蓮
3
MF 26 奥野耕平
1
DF 35 山口竜弥
1
FW 9 武颯
3
DF 14 星広太
3
MF 40 樋口寛規
2
MF 27 池田昌生
2
FW 39 雪江悠人
2
MF 23 田村亮介
1
FW 20 イスマイラ
1
DF 6 輪笠祐士
1

CK

6
2

直接FK

10
10

間接FK

0
5

PK

0
0

GK

11
8

オフサイド

0
5

シュート数

9
5
FW 38 唐山翔自
3
MF 48 中村仁郎
2
FW 47 川﨑修平
2
MF 32 芝本蓮
1
DF 35 山口竜弥
1
FW 39 雪江悠人
2
MF 40 樋口寛規
1
MF 23 田村亮介
1
DF 6 輪笠祐士
1

CK

5
2

直接FK

3
6

間接FK

0
1

PK

0
0

GK

4
5

オフサイド

0
1

シュート数

15
10
FW 37 白井陽斗
4
FW 47 川﨑修平
3
FW 38 唐山翔自
3
MF 48 中村仁郎
2
MF 32 芝本蓮
2
MF 26 奥野耕平
1
FW 9 武颯
3
DF 14 星広太
3
MF 27 池田昌生
2
MF 40 樋口寛規
1
FW 20 イスマイラ
1

CK

1
0

直接FK

7
4

間接FK

0
4

PK

0
0

GK

7
3

オフサイド

0
4

シュート数

0
0

CK

0
0

直接FK

0
0

間接FK

0
0

PK

0
0

GK

0
0

オフサイド

0
0

ハーフタイムコメント

ガンバ大阪U-23

・戦い方は変えない。このサッカーで勝ちきろう。
・自分達のポジションをしっかりとって、コンパクトにして守る。

福島ユナイテッドFC

・バックパスが多すぎる。ひとりひとりがもっと前で受ける意識を。
・ハードワークが足りない。もっと切りかえを速く。

総評(試合終了後のガンバ大阪U-23コメント)

森下監督「今日も日曜日のナイターにも関わらずたくさんのガンバサポーターの方に来ていただいて本当に感謝しています。ゲームに関しては今日は今年、一番平均年齢がおそらく若いと思うんですけど、17歳代かな。その中で今、今日フィールド12人、GK2人でここ3週間、中断期間があった中で一緒にトレーニングできたのが一つ、大きいと思いますし、そのトレーニングでやったことを、本当に選手が、守備のところでも前回の北九州さん相手に少し、受け身になった部分があったりとか、攻撃のところも少し自分たちから動き出さなかったりとかそういう部分を本当によく、この公式戦の場で出してくれたなと。やっぱり、選手の能力が高いなと思いました。でもまだまだ得点を取れる場面もありますし、勝ち点でいうと次は熊本さんとやりますけど、ギリギリ優勝争いに、まだ10試合以上あるのかな。まだとどまっていると思うので、またいい準備をして次の熊本戦に向けていい練習をしたいなと思います。」

Q「すごい試合を見たなという印象がありますが、平均が17歳で立ち上がりこそバタバタしたところもありましたが、後の時間帯は得点を決めた選手だけでなく、それぞれの選手が持ち味を出したように感じていますが、監督はいかがでしょうか?」
森下監督「前半最初の方は福島さんがボールを動かすという意識でやられていて、SBが変化してくる相手、今JリーグではJ1もJ2もJ3もすごく多くて、その相手に対してどのように守備をするのかというのも、意識づけしてトレーニングして来ましたし、そういう意味では踏ん張るところは踏ん張る、出るところは出るで。試合前に選手に言ったのは、受け身になると自分たちの良さが出ないと。彼らは本当に小さい時から自分たちが主導権を握るサッカーしかやってきていないので、やっぱり、その自分たちの良さを出そうと思ったら、攻守に自分たちから仕掛ける、と。そういうことをずっと今言い続けてやっているなかで、よくそれを体現したなと。
点の取り方も本当に素晴らしかったですし、だいぶポジショニングを含めて、ボールが動いている間の攻守のいかにスタートのポジショニングが大事かというのをつかんできていると思うので、最後の判断のところでまだまだ奥野とか含めて、選ばなければいけない状況もありますけど、よく選べるようになってきたかなと。またこれを次の熊本さん相手に、アウェイで強い相手に、出来るようになればまた自信もついてくると思いますし、でもやっぱりよく走ったと思うし、やっぱりその姿勢がないとサッカーは成立しないと思います。そこをもっともっと徹底して、相手より走る、戦う姿勢、それをベースに自分たちのゴールを仕掛けるサッカーをもっともっとして、見に来ていただいている人に、やっぱりまた見たいなと思ってもらえるような、それは選手にずっと言っていますけど、それを目標に頑張りたいと思います。」

Q「2点お聞かせください。今日は福島を相手に芝本選手をトップ下に置きましたが、彼の動きは一つキーになっていたと思います。トップ下に抜擢された理由と、中村選手が今日は点を取りましたが、2点目に関しては動き出しからで、中断期間中によくなった点でもあると思いますが、中村選手の評価もお願いします。」
森下監督「まず、芝本に関しては本当に、これは今、海外に行った2人もそうだし、トップで使ってもらっている選手もそうだし、そこと同じ現象でやっぱりすごく考え方が成長して来たかなと。姿勢が、雰囲気が変わって来て、やっぱり逞しくもなってきたし、その中でそういう考え方でプレーをしているから、判断力もより良くなっているし、元々テクニックはものすごくある選手なので。やっぱりチームのために走れるようになってきているし。昨日の練習前にちょっと、それを思いついて、今の芝本だったら、よりやれるんじゃないかと。あとは相手もボールを持ちたいというチームなので、そこで中盤の優位性を作りたいのと、あとは唐山も、今話した中村もそうですけど、ボールがないところの動きだし、ポジショニングがすごく良くなって来ているので、そういう意味でも芝本をトップ下に置いたことでより優位な状況ができるかなという判断で、川崎を含めてそうですけど、前の3人は十分にやれる力がついてきているかなと思います。
中村に関しても唐山に関しても、やっぱりなかなか複数点を取るのは簡単じゃないし、それをプロのレベルで16歳、17歳の選手がやれるということはものすごくポテンシャルが高い。3週間やり続けているオフザボールのところの身につけ方もすごく早いし、言ったことがすごく理解できるし、それをまたアクションに起こせるし。すごく、あとはシュートを決める力、それは食野亮太郎を含めて、中村敬斗もそうですけど、ものすごく可能性があるんじゃないかなと思います。」