ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

試合詳細

第8節 2019.5.5(日 祝) 14:00~ パナスタ(1,732人) 晴 主審:藤田優 副審:山村将弘 / 松尾明徳

ガンバ大阪U-23

  • 食野亮太郎 31 '
  • 食野亮太郎 50 '
  • 髙木彰人 89 '
試合終了
3
-
1
 
1 前半 1
2 後半 0
 

ブラウブリッツ秋田

  • 藤沼拓夢 45 +1 '
  • ゴール
  • ゴール
  • ゴール
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • ゴール
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • イエローカード
タイムライン
ガンバ大阪U-23
  • 監督 森下仁志
  • イエローカード0枚 GK 23 林瑞輝
  • イエローカード1枚 DF 27 髙尾瑠
  • イエローカード1枚 DF 36 松田陸
  • イエローカード1枚 DF 2 野田裕喜
  • イエローカード0枚 DF 35 山口竜弥
  • イエローカード0枚 MF 29 髙江麗央
  • イエローカード1枚 MF 32 芝本蓮
  • イエローカード0枚 MF 34 福田湧矢
  • イエローカード0枚 MF 38 中村敬斗
  • イエローカード0枚 FW 18 髙木彰人
  • イエローカード0枚 FW 40 食野亮太郎
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 46 王新宇
  • イエローカード1枚 DF 44 髙橋直也
  • イエローカード0枚 MF 43 長尾優斗
  • イエローカード0枚 FW 37 白井陽斗

交代

ガンバ大阪U-23
  • 85'MF 29 髙江麗央 → MF 43 長尾優斗
  • 90'MF 38 中村敬斗 → FW 37 白井陽斗
  • 90 +3'FW 18 髙木彰人 → DF 44 髙橋直也
ブラウブリッツ秋田
  • 61'MF 8 和田昌士 → FW 18 北脇健慈
  • 72'FW 10 古田寛幸 → MF 7 前山恭平
  • 81'FW 16 藤沼拓夢 → FW 25 北原大奨

イエローカード

ガンバ大阪U-23
ブラウブリッツ秋田
  • 89'DF 2 尾本敬

レッドカード

ガンバ大阪U-23
ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ秋田
  • 監督 間瀬秀一
  • イエローカード0枚 GK 21 松本拓也
  • イエローカード0枚 DF 2 尾本敬
  • イエローカード1枚 DF 3 中島大貴
  • イエローカード1枚 DF 29 夛田凌輔
  • イエローカード0枚 DF 24 山田尚幸
  • イエローカード0枚 MF 15 江口直生
  • イエローカード1枚 MF 39 小谷光毅
  • イエローカード1枚 MF 8 和田昌士
  • イエローカード1枚 FW 10 古田寛幸
  • イエローカード0枚 FW 16 藤沼拓夢
  • イエローカード0枚 FW 13 林容平
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 23 小池大喜
  • イエローカード1枚 DF 17 韓浩康
  • イエローカード1枚 MF 7 前山恭平
  • イエローカード0枚 MF 20 青島拓馬
  • イエローカード0枚 MF 26 垣根拓也
  • イエローカード1枚 FW 18 北脇健慈
  • イエローカード0枚 FW 25 北原大奨

ゲームスタッツ

ガンバ大阪U-23
  • 合計
  • 前半
  • 後半
ブラウブリッツ秋田

シュート数

24
5
FW 40 食野亮太郎
8
MF 38 中村敬斗
5
FW 18 髙木彰人
5
MF 34 福田湧矢
2
MF 29 髙江麗央
2
MF 32 芝本蓮
1
DF 27 髙尾瑠
1
FW 13 林容平
2
MF 7 前山恭平
1
MF 15 江口直生
1
FW 16 藤沼拓夢
1

CK

11
1

直接FK

9
14

間接FK

2
0

PK

1
0

GK

4
14

オフサイド

2
0

シュート数

11
1
FW 40 食野亮太郎
3
FW 18 髙木彰人
3
MF 38 中村敬斗
2
MF 34 福田湧矢
1
MF 29 髙江麗央
1
DF 27 髙尾瑠
1
FW 16 藤沼拓夢
1

CK

7
1

直接FK

5
8

間接FK

1
0

PK

0
0

GK

1
6

オフサイド

1
0

シュート数

13
4
FW 40 食野亮太郎
5
MF 38 中村敬斗
3
FW 18 髙木彰人
2
MF 34 福田湧矢
1
MF 32 芝本蓮
1
MF 29 髙江麗央
1
FW 13 林容平
2
MF 7 前山恭平
1
MF 15 江口直生
1

CK

4
0

直接FK

4
6

間接FK

1
0

PK

1
0

GK

3
8

オフサイド

1
0

シュート数

0
0

CK

0
0

直接FK

0
0

間接FK

0
0

PK

0
0

GK

0
0

オフサイド

0
0

ハーフタイムコメント

ガンバ大阪U-23

・1人でもゆるんだ選手がいるとやられる。
・前半のように戦えるかどうかは自分達次第。

ブラウブリッツ秋田

・後半の入りが大事。
・強い気持ちをもっていこう。
・タイミングよくよせていこう。
・守備のセットはしっかりと。

総評(試合終了後のガンバ大阪U-23コメント)

森下監督「今日もたくさんの方、最初1,300人と聞いていましたが、1,700人の方に来ていただいて感謝しています。
今、スタッフとも話をしたんですが、もっともっと2,000人、3,000人、ゴール裏を開放しないといけないくらいの方に来ていただけるように、最低限今日くらいのパフォーマンスを毎試合出してもらいたいと思います。
ゲームに関しては前半、試合を通してですけれど凄いいい形で試合を進められて、その中で決めきれず、少し緩んだところで、そこの隙をつかれてやられてしまって、自分たちで難しくしたと思います。後半、ハーフタイムに話をしましたけれど、彼らは自分たち次第でゲームを十分動かせるので、そういう意味では2点、3点と欲を言えばもっともっと得点を取れるように、上を目指すのであればチャンスをもっともっと決められるように。あとは守備のところでも、今日も失点1をしているので、8試合で7失点、まだまだ減らせると思うので、そこを突き詰めてトレーニングをしたいと思います。」

Q「市丸選手が移籍をして、今日抜けた最初の試合ということで、中盤のバランスだとか今日はどう評価されますか。」
森下監督「市丸がいなくなったのは、ずっと軸としてキャプテンでやっていたので、難しい部分もあったんですけれど、メンバーのところは昨日のトップチームの試合が終わってからの判断になってくるので、今いる中では、髙江が一番適任かなと。ユースの長尾もいるし、そこは考えましたけれど、髙江のモチベーションも高いし、思っていたより良かったですね。昨日の練習はちょっと心配でしたけれど、やっぱり力があるから本番になると思ったより良かったです。」

Q「ひとつ前の試合では芝本選手に激を飛ばされたところもあったかと思いますけど、今日は攻守に力を出していいパフォーマンスだったと思いますが。」
森下監督「芝本には話をしましたが、市丸がいなくなったら誰に責任があるか、かかってくるか、お前だよという話をしました。力的にも今まで育成の指導者の人たちが言うにも、才能は間違いないので。少しずつプレーに対する厳しさとか、球際とかセカンドボールだとか、ボランチをやろうとしたらそこは避けて通れない。あとは走る部分とか、今日もシュート1本かな。まだまだ打てると思うし、練習の中ではゲーム形式だと凄く得点も取れるようになってきているので、攻守にもっともっと相手のゴールに向かって出来る選手になれば。まだ相手にとって怖い選手ではない。上手いかもしれないけれど、相手にとって怖い選手になっていけるように、一緒にトレーニングをしていきたい。」

Q「今日食野選手が2得点しました。彼はまだまだ決められなかったことを悔やんでいましたが、好調の要因はどんなところだとお考えですか。あと食野選手のいいところを教えてください。」
森下監督「サッカー的な判断とかテクニックの部分はもともとすごくいいものを持っていたと思うんですけれど、それを生かすには自分がどういう心構えというか、どういう感情でサッカーをしたらそれを生かせるのかを掴んできているのではないか。こうやったら上手くできるんだと。僕が最初1月に会った時にはそこがまだまだバランスが悪くて、才能はすごいなと思っていて。そういうのもあって、サッカーでは一番わかりやすいFWで使ってやろうかなと思って。そしたら本人もやる気になって。やっぱり一番は彼が自分をどういう感情に持って行けばいいプレーが出来るかということを見つけつつあるんじゃないですか。それをまたJ1の試合でも、昨日の0-0の展開で宮本監督に使ってもらえないということは、まだ力がないという証拠だし、今日なんかも2点ではなくて、5、6点取れただろうし、本人も帰ってきたら全然満足していない。すごく成長しているなと思います。」

Q「左サイドと右サイドで、左サイドは割と中に、右サイドは外で、と特徴が分かれているかと思いますが、2人の特徴を生かしたいというところとサイドバックのコンビネーションについて。」
森下監督「動き方とか自体はトレーニングはしていますけれど、状況の判断でインサイドを取るのか、ワイドを取るのか、相手の背中を取りに行くのかは、そこの判断は本人達にさせています。今日、左サイドはスムーズに変化していたから、今日は悪くないなと、山口がすごくそういうことが分かってきた。中村も最初来たころは中の入り方がとても悪くて、ゴールに向かわないような入り方をしていたので、彼はゴールに向かってナンボだから。そこも掴みつつあるのかなと。右サイドは福田が1対1に強いというのと、髙尾が賢いから、そこらへんは使い分けて。右は張れとか左は変化しろとかは一切(言っていない)。とにかく形だけになると相手に消されるので、相手が変化してきたら自分達も変化する、それをトレーニングでずっとやっています。そういうのが大分見えるようになってきましたね。相手がどうやってきたら自分達もこうやってやるとか、CBも最初野田と松田も横に逃げるような形でプレッシャーもかかっていましたけれど、途中で自分達で修正したし、そこら辺の距離感とかアングルとかもよくなってきました。」