ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

試合詳細

第32節 2019.11.23(土 祝) 15:00~ パナスタ(26,256人) 晴、弱風 主審:西村雄一 副審:岡野宇広/蒲澤淳一

ガンバ大阪

  • 宇佐美貴史 69 '
  • アデミウソン 77 '
試合終了
2
-
0
 
0 前半 0
2 後半 0
 

ベガルタ仙台

  • ゴール
  • ゴール
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • 交代
タイムライン
ガンバ大阪
  • イエローカード0枚 監督 宮本恒靖
  • イエローカード1枚 GK 1 東口順昭
  • イエローカード0枚 DF 4 藤春廣輝
  • イエローカード2枚 DF 5 三浦弦太
  • イエローカード1枚 DF 13 菅沼駿哉
  • イエローカード3枚 DF 19 キム ヨングォン
  • イエローカード0枚 MF 7 遠藤保仁
  • イエローカード0枚 MF 8 小野瀬康介
  • イエローカード0枚 MF 15 井手口陽介
  • イエローカード1枚 MF 21 矢島慎也
  • イエローカード2枚 FW 9 アデミウソン
  • イエローカード0枚 FW 33 宇佐美貴史
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 23 林瑞輝
  • イエローカード3枚 DF 27 髙尾瑠
  • イエローカード2枚 MF 10 倉田秋
  • イエローカード0枚 MF 14 マルケル スサエタ
  • イエローカード2枚 MF 34 福田湧矢
  • イエローカード3枚 FW 18 パトリック
  • イエローカード0枚 FW 39 渡邉千真

速報

  • 90+4'
    試合終了

  • 90+4'
    ガンバ大阪 シュート

    DF 4 藤春廣輝

  • 90+4'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 14 マルケル スサエタ

  • 90+4'
    ベガルタ仙台 直接FK

    DFがクリア。

  • 90+1'
    ベガルタ仙台 シュート

    FW 9 ハモン ロペス

    ミドルシュートはDFに当たるが、東口が落ち着いてトラップしてキープ。

  • 90'
    アディショナルタイム 4分

  • 90'
    ガンバ大阪 CK

    スサエタが蹴るが、誰にもあわず。

  • 89' 交代
    ガンバ大阪 交代

    MF 7 遠藤保仁 OUT → MF 14 マルケル スサエタ IN

  • 83'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 15 井手口陽介

    左クロスをパトリックが頭で落とし、走りこんできてシュートもミートせずにGKがキャッチ。

  • 81' 交代
    ガンバ大阪 交代

    FW 33 宇佐美貴史 OUT → FW 18 パトリック IN

  • 80'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 9 アデミウソン

    左足のミドルシュートは枠を外す。

  • 79'
    ベガルタ仙台 シュート

    FW 9 ハモン ロペス

    ミドルシュートはポストに当たり枠を外す。

  • 77' ゴール
    ガンバゴール

    FW 9 アデミウソン

    カウンターからの攻撃。宇佐美がDFの頭を越すパスを通すと、GKと1対1となったアデミウソンが、GKが出てきたところをループシュートでゴールを決める!

  • 74' 交代
    ベガルタ仙台 交代

    MF 7 関口訓充 OUT → FW 19 ジャーメイン良 IN

  • 71'
    ガンバ大阪 CK

    ファーサイドでクリアされる。

  • 70' 交代
    ガンバ大阪 交代

    MF 21 矢島慎也 OUT → MF 10 倉田秋 IN

  • 69' ゴール
    ガンバゴール

    FW 33 宇佐美貴史

    バックパスをカットし、中盤からドリブルで右サイドを上がると、GKの位置もしっかり見てシュートを決める!

  • 67' 交代
    ベガルタ仙台 交代

    FW 38 長沢駿 OUT → FW 20 阿部拓馬 IN

  • 66'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 33 宇佐美貴史

    左足のシュートは枠外。

  • 63'
    ガンバ大阪 CK

    ニアサイドで競るが、クリアされる。

  • 57'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 9 アデミウソン

    小野瀬からの右クロスをDFと競りながら足先で触るが、シュートは枠に飛ばず。

  • 53'
    ガンバ大阪 シュート

    DF 4 藤春廣輝

    右クロスをダイレクトであわせるが、GKにキャッチされる。

  • 52'
    ベガルタ仙台 シュート

    DF 2 永戸勝也

  • 51'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 21 矢島慎也

    クリアボールを拾ってシュートを打つが、枠を捉えず。

  • 51'
    ガンバ大阪 CK

    宇佐美がゴール前に入れるが、GKがパンチングでクリア。

  • 46'
    後半開始

  • 45+2'
    ハーフタイム

  • 45'
    アディショナルタイム 2分

  • 42'
    ベガルタ仙台 直接FK

  • 39'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 33 宇佐美貴史

    カウンターから右サイドのアデミウソンのクロスに合わせるが相手DFのブロックに遭い、得点ならず。

  • 37' 交代
    ベガルタ仙台 交代

    MF 8 松下佳貴 OUT → MF 5 椎橋慧也 IN

  • 31'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 9 アデミウソン

    左サイド藤春からのクロスにボレーで合わせるがボールは枠外へ。

  • 26'
    ベガルタ仙台 直接FK

    左サイド遠目からゴール前を狙ったボールは東口が直接キャッチ。

  • 24'
    ガンバ大阪 CK

    右サイドからのCKはゴール前でクリアされる。

  • 20'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 8 小野瀬康介

    右サイドからカットインし左足でシュートを打つがボールはGK正面へ。

  • 20'
    ベガルタ仙台 シュート

    MF 18 道渕諒平

    CKのこぼれ球を拾われシュートを許すがボールは枠外へ。

  • 19'
    ベガルタ仙台 CK

    左サイドからのCKはDFがクリア。

  • 19'
    ベガルタ仙台 シュート

    FW 9 ハモン ロペス

    CKからヘディングシュートを許すが東口が触れてゴールを守り再度CKに。

  • 19'
    ベガルタ仙台 CK

    左サイドからのCK。

  • 15'
    ガンバ大阪 CK

    左サイドからのCKはゴール前でファールを取られ相手ボールに。

  • 10'
    ベガルタ仙台 シュート

    DF 13 平岡康裕

    CKにニアサイドで頭で合わせられるがボールは枠外へ。

  • 10'
    ベガルタ仙台 CK

    右サイドからのCK。

  • 10'
    ベガルタ仙台 シュート

    FW 38 長沢駿

    右サイドからのアーリークロスに頭で合わせられるが東口がファインセーブ。

  • 8'
    ベガルタ仙台 シュート

    FW 38 長沢駿

    最終ラインでのトラップミスを拾われフリーでシュートを許すがボールは枠外へ。

  • 7'
    ガンバ大阪 シュート

    DF 4 藤春廣輝

    右サイド小野瀬からのクロスに合わせるがボールは枠外へ。

  • 5'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 21 矢島慎也

    右サイド小野瀬からのクロスにボレーで合わせるがボールは枠外へ。

  • 1'
    試合開始

ベガルタ仙台
  • 監督 渡邉晋 イエローカード0枚
  • イエローカード1枚 GK 24 ヤクブ スウォビィク
  • イエローカード1枚 DF 4 蜂須賀孝治
  • イエローカード0枚 DF 23 シマオ マテ
  • イエローカード1枚 DF 13 平岡康裕
  • イエローカード1枚 DF 2 永戸勝也
  • イエローカード1枚 MF 17 富田晋伍
  • イエローカード3枚 MF 8 松下佳貴
  • イエローカード3枚 MF 18 道渕諒平
  • イエローカード0枚 MF 7 関口訓充
  • イエローカード1枚 FW 9 ハモン ロペス
  • イエローカード3枚 FW 38 長沢駿
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 21 関憲太郎
  • イエローカード1枚 DF 27 大岩一貴
  • イエローカード1枚 MF 5 椎橋慧也
  • イエローカード0枚 MF 10 梁勇基
  • イエローカード1枚 MF 15 吉尾海夏
  • イエローカード0枚 FW 19 ジャーメイン良
  • イエローカード0枚 FW 20 阿部拓馬

チームスタッツ

ガンバ大阪
  • 合計
  • 前半
  • 後半
ベガルタ仙台

シュート数

16
10
FW 9 アデミウソン
4
MF 21 矢島慎也
3
DF 4 藤春廣輝
3
FW 33 宇佐美貴史
2
MF 8 小野瀬康介
1
MF 15 井手口陽介
1
MF 14 マルケル スサエタ
1
MF 10 倉田秋
1
FW 9 ハモン ロペス
4
FW 38 長沢駿
2
MF 7 関口訓充
1
MF 18 道渕諒平
1
DF 2 永戸勝也
1
DF 13 平岡康裕
1

CK

6
3

直接FK

5
10

間接FK

4
0

PK

0
0

GK

8
9

オフサイド

4
0

シュート数

4
7
MF 21 矢島慎也
2
MF 8 小野瀬康介
1
FW 9 アデミウソン
1
FW 9 ハモン ロペス
2
FW 38 長沢駿
2
MF 7 関口訓充
1
MF 18 道渕諒平
1
DF 13 平岡康裕
1

CK

2
3

直接FK

3
4

間接FK

3
0

PK

0
0

GK

5
5

オフサイド

3
0

シュート数

12
3
FW 9 アデミウソン
3
DF 4 藤春廣輝
3
FW 33 宇佐美貴史
2
MF 21 矢島慎也
1
MF 15 井手口陽介
1
MF 14 マルケル スサエタ
1
MF 10 倉田秋
1
FW 9 ハモン ロペス
2
DF 2 永戸勝也
1

CK

4
0

直接FK

2
6

間接FK

1
0

PK

0
0

GK

3
4

オフサイド

1
0

シュート数

0
0

CK

0
0

直接FK

0
0

間接FK

0
0

PK

0
0

GK

0
0

オフサイド

0
0
※チームスタッツは試合中は速報を元に集計した値を表示し、試合後しばらくしてから公式スタッツの値を表示しています。

ハーフタイムコメント

ガンバ大阪

・集中力を保って、セットプレーに注意する。
・勝ちたいという気持ちを出して。球際も戦う。

ベガルタ仙台

・ボールを奪ったあとに、見えている所は悪くない。空いている場所に出してあげよう。
・我慢比べだ。焦れることなく。

総評(試合終了後のガンバ大阪コメント)

監督
Q「序盤から主導権を握っていましたが、どういう点がチームとして良くなっている、主導権を握れるようになったと思われますか?」
宮本監督「どの試合に比べてというところはありますか?」
Q「大分戦の前半はすごく良かったと思いますが、この数試合で監督が感じているチームの状態と比べて。」
宮本監督「前半も少し互いの距離が遠くて前線にいいボールが入らない時間帯がありましたけど、前半の途中からそこを修正して、また焦れてしまってロングボールを早く入れてしまうわないようにということを工夫しながら、アンカーのところをうまく使いながらやることで、後半相手も少し疲れて間延びした中では、それぞれのいい立ち位置が見つかって、全員が前を向いた状態でプレーできるような状態につながったと思いますし、それがたくさんのチャンスというか、クロスの場面なんかにつながったと思います。それは今週、先週もそうですけど、トレーニングしてきたものが今日に関しては出たんじゃないかなと思います。あとは大分と違って4-4-2というところで、それに特化したというか、そういう対応策を練ったものも出たかなと思います。」

Q「前半は右サイドを含めて相当チャンスを作っていましたが、少し遠藤選手のところを仙台がうまく見ていたのかなと思いますが、あえて修正された点と、右サイドに偏りがちでしたが、うまく右の優位性を使って、割り切って使われていたのでしょうか。」
宮本監督「右が多くなったのは宇佐美から長いボールを小野瀬というところが多かったと思いますし、ちょっと左サイドに展開するよりも右サイドにというのは、東口がいて三浦がいて、菅沼がいてというちょっと右に人が多いというところが一つ理由だと思います。確かに前半の途中までは少しアンカーが孤立したような状態だったので、それに対しての少し矢島を落としたりというところのポジション修正はしましたし、そこで前線が少し混み合っていたので、それまで。それを少し落とすことでうまく、宇佐美だったり、アデミウソンがハーフポジションを取ったり、右サイドの井手口が少し、ちょっと2人より前というイメージでやっていましたけど、そういうところで遠藤に対する注意が矢島も来たことで相手の中盤が難しくなったという状況は作っていたと考えています。」

Q「この時期になりましたがJ1残留を決めたことに関してはどうでしょうか?」
宮本監督「今シーズンは本当に引き分けが多くて勝負所というか、勝ち切る試合が少なかったことがこういう順位に今つながっているという風に思います。今日に関していうと0-0の試合を1-0で終わるのではなくて2点目を取ったり、3点目、4点目という追加点を取るというところの姿勢であったり、実際にその場面を作ることができたので、そこに関しては改善されている。本当に我々はそこを目指すチームではないと思いますし、こういう時期にここにいるということは自分たちに対する不甲斐なさを感じますけれど、今シーズン我々がやってきた結果なので、それはしっかりと受け止めて、残り2試合でまた、よりいいものを見せていくことに尽きるかなと思います。」