ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

試合詳細

1stステージ 第1節 2016.2.28(日) 14:05~ 吹田S(32,463人) 晴 主審:今村義朗 副審:相樂亨/名木利幸

ガンバ大阪

試合終了
0
-
1
 
0 前半 0
0 後半 1
 

鹿島アントラーズ

  • 鈴木優磨 72 '
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • イエローカード
  • イエローカード
  • ゴール
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • イエローカード
  • イエローカード
  • イエローカード
  • イエローカード
  • イエローカード
タイムライン
ガンバ大阪
  • 監督 長谷川健太
  • イエローカード0枚 GK 1 東口順昭
  • イエローカード0枚 DF 14 米倉恒貴
  • イエローカード0枚 DF 5 丹羽大輝
  • イエローカード0枚 DF 6 金正也
  • イエローカード0枚 DF 4 藤春廣輝
  • イエローカード0枚 MF 15 今野泰幸
  • イエローカード0枚 MF 7 遠藤保仁
  • イエローカード0枚 MF 25 藤本淳吾
  • イエローカード0枚 MF 19 大森晃太郎
  • イエローカード0枚 MF 9 アデミウソン
  • イエローカード0枚 FW 20 長沢駿
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 18 藤ヶ谷陽介
  • イエローカード0枚 DF 22 オ・ジェソク
  • イエローカード0枚 MF 11 倉田秋
  • イエローカード0枚 MF 21 井手口陽介
  • イエローカード0枚 MF 27 内田達也
  • イエローカード0枚 FW 29 パトリック
  • イエローカード0枚 FW 39 宇佐美貴史

速報

  • 90+4'
    試合終了

  • 90+3' イエローカード
    ガンバ大阪 イエローカード

    MF 11 倉田秋

  • 90+3' 交代
    鹿島アントラーズ 交代

    MF 13 中村充孝 OUT → MF 20 三竿健斗 IN

  • 90+2' イエローカード
    鹿島アントラーズ イエローカード

    MF 40 小笠原満男

  • 90+1'
    ガンバ大阪 シュート

    DF 14 米倉恒貴

    中央、米倉が頭で合わせるもネットは揺れず。

  • 90+1'
    ガンバ大阪 CK

  • 90'
    アディショナルタイム 3分

  • 88'
    鹿島アントラーズ シュート

    MF 7 カイオ

    シュートは枠の外。

  • 87'
    ガンバ大阪 CK

    GKにパンチングでクリアされる。

  • 86'
    ガンバ大阪 シュート

    DF 14 米倉恒貴

    藤本の落としたボールにシュートを打つが、相手DFにブロックされる。

  • 84' 交代
    ガンバ大阪 交代

    MF 9 アデミウソン OUT → MF 11 倉田秋 IN

  • 78' イエローカード
    鹿島アントラーズ イエローカード

    DF 22 西大伍

  • 72' ゴール
    鹿島アントラーズ ゴール

    MF 34 鈴木優磨

    右からのクロスに頭で合わされて先制点を許す。

  • 70'
    鹿島アントラーズ シュート

    FW 33 金崎夢生

    ゴール前からのパスにフリーでシュート。東口のファインセーブ。

  • 70'
    ガンバ大阪 直接FK

    ゴール前、GKがキャッチ。

  • 69' 交代
    鹿島アントラーズ 交代

    MF 25 遠藤康 OUT → MF 7 カイオ IN

  • 69' 交代
    鹿島アントラーズ 交代

    FW 18 赤﨑秀平 OUT → MF 34 鈴木優磨 IN

  • 67'
    ガンバ大阪 CK

    1点には繋がらず。

  • 66' 交代
    ガンバ大阪 交代

    MF 19 大森晃太郎 OUT → FW 39 宇佐美貴史 IN

  • 66'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 25 藤本淳吾

    アデミウソンからパスを受けてフリーでゴール前に。シュートは左に外れるも、GKが触ってCKを得る。

  • 64'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 20 長沢駿

    二アサイド、ヘディングシュートは惜しくも枠の外。

  • 64'
    ガンバ大阪 CK

  • 61'
    ガンバ大阪 CK

    ゴール前、GKがキャッチ。

  • 60'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 21 井手口陽介

  • 58'
    ガンバ大阪 シュート

    DF 14 米倉恒貴

  • 57'
    鹿島アントラーズ シュート

    DF 3 昌子源

    ペナルティエリア外からのミドルシュートはゴール左に外れる。

  • 55'
    鹿島アントラーズ シュート

    FW 33 金崎夢生

    左サイド、ドリブルで中に仕掛けてそのままシュートを打たれるが、ボールは枠を反れる。

  • 54' イエローカード
    鹿島アントラーズ イエローカード

    DF 23 植田直通

  • 52'
    鹿島アントラーズ シュート

    DF 23 植田直通

    中央でのヘディングシュートは東口の正面。しっかりとキャッチ。

  • 52'
    鹿島アントラーズ CK

  • 50'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 9 アデミウソン

    藤本からの短めのパスに、ダイレクトシュート。ボールは惜しくも枠を外れる。

  • 46'
    後半開始

  • 45+4'
    ハーフタイム

  • 45+1' イエローカード
    鹿島アントラーズ イエローカード

    FW 33 金崎夢生

  • 45'
    アディショナルタイム 3分

  • 44' イエローカード
    鹿島アントラーズ イエローカード

    DF 3 昌子源

  • 44'
    鹿島アントラーズ CK

  • 41'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 25 藤本淳吾

    アデミウソンからのパスを藤本が左足でダイレクトシュートも、バーにあたりゴールにならず。

  • 39'
    鹿島アントラーズ シュート

    MF 13 中村充孝

  • 35'
    鹿島アントラーズ シュート

    FW 18 赤﨑秀平

    振り向きざまのシュートは東口が正面でキャッチ。

  • 33'
    鹿島アントラーズ シュート

    MF 13 中村充孝

    ガンバ右サイドを突破され、ペナルティエリア内に進入されシュートを打たれるが、枠を外す。

  • 32' 交代
    ガンバ大阪 交代

    DF 5 丹羽大輝 OUT → MF 21 井手口陽介 IN

  • 27' イエローカード
    ガンバ大阪 イエローカード

    DF 14 米倉恒貴

  • 18'
    鹿島アントラーズ CK

    DFがヘディングでクリア。

  • 17'
    ガンバ大阪 直接FK

    藤本が左足でゴール前に入れるが、クリアされる。

  • 16'
    ガンバ大阪 CK

    ショートコーナーからゴール前に入れるが、クリアされる。

  • 15'
    ガンバ大阪 CK

    遠藤が蹴りゴール前に入れるが、GKがパンチングでクリア。

  • 11'
    鹿島アントラーズ シュート

    MF 25 遠藤康

    ミドルシュートは東口が防ぐ。

  • 11'
    鹿島アントラーズ 直接FK

  • 4'
    鹿島アントラーズ シュート

    MF 10 柴崎岳

  • 1'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 20 長沢駿

  • 1'
    試合開始

鹿島アントラーズ
  • 監督 石井正忠
  • イエローカード0枚 GK 21 曽ヶ端準
  • イエローカード0枚 DF 22 西大伍
  • イエローカード0枚 DF 23 植田直通
  • イエローカード0枚 DF 3 昌子源
  • イエローカード0枚 DF 16 山本脩斗
  • イエローカード0枚 MF 10 柴崎岳
  • イエローカード0枚 MF 40 小笠原満男
  • イエローカード0枚 MF 25 遠藤康
  • イエローカード0枚 MF 13 中村充孝
  • イエローカード0枚 FW 18 赤﨑秀平
  • イエローカード0枚 FW 33 金崎夢生
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 1 櫛引政敏
  • イエローカード0枚 DF 5 青木剛
  • イエローカード0枚 DF 24 伊東幸敏
  • イエローカード0枚 MF 7 カイオ
  • イエローカード0枚 MF 20 三竿健斗
  • イエローカード0枚 MF 34 鈴木優磨
  • イエローカード0枚 FW 9 ジネイ

ゲームスタッツ

ガンバ大阪
  • 合計
  • 前半
  • 後半
鹿島アントラーズ

シュート数

9
10
DF 14 米倉恒貴
3
MF 25 藤本淳吾
2
FW 20 長沢駿
2
MF 9 アデミウソン
1
MF 21 井手口陽介
1
MF 13 中村充孝
2
DF 23 植田直通
2
MF 7 カイオ
1
MF 40 小笠原満男
1
MF 34 鈴木優磨
1
MF 25 遠藤康
1
FW 18 赤﨑秀平
1
DF 3 昌子源
1

CK

7
3

直接FK

18
14

間接FK

3
0

PK

0
0

GK

5
8

オフサイド

3
0

シュート数

2
5
MF 25 藤本淳吾
1
FW 20 長沢駿
1
MF 13 中村充孝
2
MF 25 遠藤康
1
FW 18 赤﨑秀平
1
DF 23 植田直通
1

CK

2
2

直接FK

11
9

間接FK

2
0

PK

0
0

GK

2
3

オフサイド

2
0

シュート数

7
5
DF 14 米倉恒貴
3
MF 9 アデミウソン
1
MF 25 藤本淳吾
1
MF 21 井手口陽介
1
FW 20 長沢駿
1
MF 7 カイオ
1
MF 40 小笠原満男
1
MF 34 鈴木優磨
1
DF 3 昌子源
1
DF 23 植田直通
1

CK

5
1

直接FK

7
5

間接FK

1
0

PK

0
0

GK

3
5

オフサイド

1
0

シュート数

0
0

CK

0
0

直接FK

0
0

間接FK

0
0

PK

0
0

GK

0
0

オフサイド

0
0
※チームスタッツは試合中は速報を元に集計した値を表示し、試合後しばらくしてから公式スタッツの値を表示しています。

ハーフタイムコメント

ガンバ大阪

・前半、気持ちの入った45分だった。後半も続けること。
・最後のところはしっかり体をはって守る!

鹿島アントラーズ

・後半もスタートからアグレッシブにいこう。特に相手へのプレスは厳しく。
・冷静に戦況を見ながらボールをつないで、積極的に相手エリア内へ仕掛けよう。
・カバリングとサポートの意識を高く持って、各エリアで連携を高めよう。

総評(試合終了後のガンバ大阪コメント)

監督
長谷川監督「選手は本当に気持ちを出して、非常によくがんばってくれたと思っています。また、新スタジアムの開幕戦でたくさんのサポーター・お客様が来てくださって、その前で勝利できなかったというのは、自分自身が情けないなと思っています。やっぱり向こうの交代がはまったという部分と、こちらの交代がなかなか機能しなかったその差が。もちろん細かいことを言えばたくさんありますが、結局試合はそういうところで明暗が分かれたのかなと思っています。そういう意味ではカードを切った私に敗戦の責任があるというふうに思います。選手は一点取られた後も下を向かずに最後までゴールを目指して戦ってくれたと思っていますし、こういう気持ちを持ち続けて、中2日でACLがありますが、メルボルンの試合に何とかいい形で勝って、またチームの循環を良くしていければと思っています。」

Q「丹羽選手の怪我ですが、もし何か情報が入っていれば教えてください。また、あそこで丹羽選手を欠いたことが監督から見て、この試合にどういう影響があったと思いますか。」
A「そうですね、鎖骨が折れていました。詳細はまた後日リリースされると思いますが。今日の結果に大輝の怪我がというのは関係ないと思っています。ただ、非常にディフェンスラインの中心的な選手なので、そういう選手が長期で離脱するのはチームにとって痛い結果となったと思っています。」

Q「水原戦から中3日で、先発を6人入れ替えたと思いますが、予定通りではあったと思いますが、意図について教えてください。」
A「意図は、この連戦をチームとしてしっかり戦っていくと。代わった選手は本当によくやってくれたと思っていますし、代わったからといってチームのパフォーマンスが落ちたとは全く思っていません。」

Q「ゼロックスから3試合終わり、得点がまだ1点という現状についてどのように受け止めてますか。」
A「この時期はなかなか点数は入りづらい時期だというふうに思っています。ましてや対戦相手が広島、水原、鹿島と非常に強いチームと戦っているわけですから、そんなに簡単に点数は取れないと思っています。」

Q「先週、横浜の試合の後で、アデミウソン選手と藤本選手がなかなかうまく噛み合わないけど使っていかないと、という話をしていましたが、今日はあの日に比べて2週間経ってだいぶ、改善されたかと思いますが、その辺はいかがでしょうか。」
A「二人の関係はもともといい関係で、マリノスで1年間やっていたというのもあると思うんですが、その辺はプレシーズンマッチなんかでは結果を残していたというか、こちらとしても掴んでいた部分もあったので、そういう意味では今日も二人の関係は非常に良かった思ってますし、長沢も前線で溜めを作って周りを動かすプレーをして。アデミウソンから藤本に2回くらいビッグチャンスがあったと思いますが、後はああいう場面で先に決めきることができるかどうかだと。その差が最終的に結果の差になったと思っています。ただ、こういう厳しい試合でいいパフォーマンスをしてくれたというのは、今後に明るい材料だというふうに思っています。」