• Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

アカデミー概要

未来を担う人材を育む ガンバ大阪アカデミー

一貫指導体制のもとで運営されているガンバ大阪のアカデミーでは、園児・小学生から高校生まで、数多くのプレーヤーが在籍しています。
プロフェッショナルなスタッフが、共通認識を持って指導にあたっており、アカデミー生はトップ加入を夢見て、日々のトレーニングに励んでいます。

2020年、トップ&U-23チームには11名のアカデミー出身選手が在籍

良い選手、良い指導者、良い環境の3つを軸として、さらなる向上を目指して運営されているアカデミーからは、数多くのユース、ジュニアユース出身選手がトップ&U-23チームへの加入を果たしています。トップチームには今シーズン、日本代表に選出されている井手口陽介、宇佐美貴史をはじめ、背番号「10」を背負う倉田秋、またU-18日本代表としても期待がかかる唐山翔自らが在籍。U-23チームと合わせて11名にものぼるアカデミー出身選手が在籍しています。

2020シーズン所属のアカデミー出身選手
  • GK 1 東口 順昭
  • MF 10 倉田 秋
  • DF 13 菅沼 駿哉
  • MF 15 井手口 陽介
  • MF 26 奥野 耕平
  • FW 30 塚元 大
  • MF 32 芝本 蓮
  • FW 34 川﨑 修平
  • FW 37 白井 陽斗
  • FW 33 宇佐美 貴史
  • FW 38 唐山 翔自
2019年度ユース、ジュニアユース日本代表選出選手
U-17、U-18日本代表 唐山 翔自
U-16日本代表 中村 仁郎、三木 仁太
U-15日本代表 鈴木 大翔、小幡 季生、南野 遥海

ユース・ジュニアユースの主な戦歴

ガンバ大阪ユース
94 優勝 Jユースカップ選手権
98 優勝 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)
00 優勝 Jユースカップ選手権
02 優勝 Jユースカップ選手権
06 優勝 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)
07 優勝 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)
08 優勝 Jユースカップ選手権
14 準優勝 Jユースカップ選手権
15 優勝 高円宮杯U-18サッカーリーグ プレミアリーグWEST
17 準優勝 Jユースカップ選手権
19 準優勝 Jユースカップ選手権
ガンバ大阪ジュニアユース
06 優勝 高円宮杯全日本ユースサッカー選手権(U-15)
07 優勝 高円宮杯全日本ユースサッカー選手権(U-15)
優勝 プレミアカップ
09 優勝 プレミアカップ
12 優勝 プレミアカップ
準優勝 マンチェスター・ユナイテッド プレミアカップ(世界大会)
優勝 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)
優勝 高円宮杯全日本ユースサッカー選手権(U-15)
15 準優勝 高円宮杯全日本ユースサッカー選手権(U-15)
19 優勝 高円宮杯全日本ユースサッカー選手権(U-15)
  • 2012年 ユース関西プリンスリーグ優勝
  • 2012年 ジュニアユースマンチェスター・ユナイテッド プレミアカップ準優勝
  • 2012年 ジュニアユース日本クラブユースサッカー選手権(U-15)優勝

プロフェッショナルなスタッフが子供の成長に合わせて指導

ガンバ大阪アカデミーは、園児(年長・年中)、小学校1~6年生によるジュニア、中学生によるジュニアユース、高校生によるユースという3つのカテゴリーで構成されています。各カテゴリーには、選手の成長とそれぞれの年代に必要な指導を行うべく、経験豊富な指導者を配置。トップチームを頂点に据え、ジュニアからユースまでが一貫指導体制を敷く中で、真のプロフェッショナルプレーヤーの育成に力を注いでいます。

3つの柱を軸とした育成システム

ガンバ大阪アカデミーから巣立ち、Jリーグはもちろん、世界の舞台に飛び出して活躍を続ける選手たちは、「一貫指導体制」によってもたらされた成果の一つです。アカデミーはより一層、充実した組織となるべく日々向上を目指して取り組んでおり、2018年度には、ガンバ大阪アカデミー専用の寮を設立し、今後も選手、指導者の育成に力を注ぎつつ、「プロチームのアカデミーだからこそできる育成システム」の確立を目指し、確実に未来につながるレール作りを行っていきます。