ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

試合詳細

プレーオフステージ 第2戦 2018.6.9(土) 16:00~ ヤマハ(10,518人) 晴 主審:家本政明 副審:唐紙学志/西尾英朗

ジュビロ磐田

  • 松浦拓弥 15 '
  • 川又堅碁 71 '
試合終了
2
-
3
 
1 前半 1
1 後半 2
 

ガンバ大阪

  • ファン ウィジョ 26 '
  • ファン ウィジョ 50 '
  • ファン ウィジョ 66 '
  • ゴール
  • ゴール
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • ゴール
  • ゴール
  • ゴール
  • 交代
  • 交代
  • 交代
タイムライン
ジュビロ磐田
  • 監督 名波浩
  • イエローカード0枚 GK 21 カミンスキー
  • イエローカード0枚 DF 3 大井健太郎
  • イエローカード0枚 DF 4 新里亮
  • イエローカード0枚 DF 24 小川大貴
  • イエローカード0枚 DF 41 高橋祥平
  • イエローカード0枚 MF 7 田口泰士
  • イエローカード0枚 MF 10 中村俊輔
  • イエローカード0枚 MF 11 松浦拓弥
  • イエローカード0枚 MF 23 山本康裕
  • イエローカード0枚 MF 30 上原力也
  • イエローカード0枚 FW 20 川又堅碁
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 36 三浦龍輝
  • イエローカード0枚 DF 5 櫻内渚
  • イエローカード0枚 DF 35 森下俊
  • イエローカード0枚 MF 14 松本昌也
  • イエローカード0枚 MF 19 山田大記
  • イエローカード0枚 MF 27 荒木大吾
  • イエローカード0枚 FW 16 中野誠也

速報

  • 90+6'
    試合終了

  • 90+5'
    ジュビロ磐田 シュート

    DF 3 大井健太郎

    左クロスをゴール前でヘディングされるが、林がファインセーブで防ぐ。

  • 90+1' 交代
    ガンバ大阪 交代

    MF 25 藤本淳吾 OUT → MF 27 森勇人 IN

  • 90'
    アディショナルタイム 6分

  • 87'
    ジュビロ磐田 シュート

    FW 16 中野誠也

    シュートは枠外に。

  • 85'
    ジュビロ磐田 CK

  • 85'
    ジュビロ磐田 シュート

    MF 7 田口泰士

    FKを直接狙うが、林がファインセーブで防ぐ。

  • 85'
    ジュビロ磐田 直接FK

  • 83'
    ジュビロ磐田 シュート

    MF 11 松浦拓弥

    クリアボールをダイレクトで打たれるが、枠を外す。

  • 83'
    ジュビロ磐田 CK

    ニアサイドでクリア。

  • 81'
    ジュビロ磐田 シュート

    FW 20 川又堅碁

    CKをファーサイドでヘディングであわされるが、枠外に。

  • 81'
    ジュビロ磐田 CK

  • 80'
    ジュビロ磐田 シュート

    FW 16 中野誠也

    クロスをヘディングであわせられるが、バーに当たる。

  • 79'
    ジュビロ磐田 CK

    ファーサイドに出て林がパンチングでクリア。

  • 77'
    ジュビロ磐田 CK

  • 72' 交代
    ガンバ大阪 交代

    FW 11 ファン ウィジョ OUT → MF 40 食野亮太郎 IN

  • 71' ゴール
    ジュビロ磐田 ゴール

    FW 20 川又堅碁

    中盤でボールを奪われ、ゴールを決められる。

  • 71' 交代
    ジュビロ磐田 交代

    MF 10 中村俊輔 OUT → MF 14 松本昌也 IN

  • 68'
    ジュビロ磐田 シュート

    MF 7 田口泰士

  • 66' ゴール
    ガンバゴール

    FW 11 ファン ウィジョ

    カウンターから髙江に繋がり、走り込んできたウィジョへパス。DFを交わし、GKと1対1を落ち着いて決める!

  • 64'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 29 髙江麗央

    シュートのこぼれ球を拾い、シュートを打つが枠を外す。

  • 64'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 10 倉田秋

    藤本のパスを受けてペナルティエリア内に入ってシュートを打つが、GKに防がれる。

  • 62'
    ジュビロ磐田 シュート

    MF 27 荒木大吾

  • 60'
    ジュビロ磐田 CK

  • 59' 交代
    ジュビロ磐田 交代

    MF 30 上原力也 OUT → FW 16 中野誠也 IN

  • 59'
    ガンバ大阪 CK

    遠藤が高いボールを入れるが、GKにキャッチされる。

  • 53'
    ジュビロ磐田 CK

  • 53'
    ジュビロ磐田 シュート

    FW 20 川又堅碁

    CKからヘディングシュートも、DFが競りCKに。

  • 53'
    ジュビロ磐田 CK

  • 51'
    ジュビロ磐田 シュート

    FW 20 川又堅碁

    ペナルティエリア内でシュートを打たれるが枠を外す。

  • 50' ゴール
    ガンバゴール

    FW 11 ファン ウィジョ

    遠藤のシュートをGKがはじく。ウィジョがしっかり詰めてゴールに蹴り込む!

  • 50'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 7 遠藤保仁

    ペナルティエリア内でシュートもGKの正面で防がれる。

  • 46'
    後半開始

  • 46' 交代
    ジュビロ磐田 交代

    MF 23 山本康裕 OUT → MF 27 荒木大吾 IN

  • 46' 交代
    ガンバ大阪 交代

    FW 20 長沢駿 OUT → MF 29 髙江麗央 IN

  • 45+5'
    ジュビロ磐田 シュート

    DF 3 大井健太郎

  • 45+1'
    ハーフタイム

  • 45'
    アディショナルタイム 1分

  • 42'
    ガンバ大阪 CK

    遠藤が蹴るが、GKがパンチングでクリア。

  • 40'
    ジュビロ磐田 シュート

    MF 7 田口泰士

    強烈なミドルシュートは林がキャッチ。

  • 35'
    ジュビロ磐田 CK

    ニアサイドでクリア。

  • 35'
    ジュビロ磐田 直接FK

    ニアサイドでクリア。

  • 29'
    ジュビロ磐田 シュート

    FW 20 川又堅碁

    左クロスをヘディングシュートされるが、DFが競っていることもあり、シュートは林がキャッチ。

  • 26' ゴール
    ガンバゴール

    FW 11 ファン ウィジョ

    CKのクリアからカウンター。マテウスがドリブルで上がり、右サイドの藤本へパス。ファーサイドに上がってきたウィジョに繋がり、これを落ち着いて決める!

  • 26'
    ジュビロ磐田 CK

    ニアサイドでクリア。

  • 25'
    ジュビロ磐田 直接FK

    ゴール前ファーサイドへ入れてくる。

  • 18'
    ガンバ大阪 CK

    遠藤が蹴るが、GKにキャッチされる。

  • 16'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 10 倉田秋

    シュートは枠を捉えず。

  • 15' ゴール
    ジュビロ磐田 ゴール

    MF 11 松浦拓弥

    ポストに当たったボールがGKに当たり、ゴールを許してしまう。

  • 12'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 11 ファン ウィジョ

    GKの位置を見てロングシュートを打つが、枠を外す。

  • 8'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 11 ファン ウィジョ

    右クロスをゴール前で頭であわせるが、枠を捉えず。

  • 8'
    ガンバ大阪 CK

    遠藤が蹴るが、ニアサイドでクリアされる。

  • 5'
    ジュビロ磐田 直接FK

    ボールを少し動かしてからゴール前に入れるが、誰にもあわず。

  • 1'
    試合開始

ガンバ大阪
  • 監督 レヴィー クルピ
  • イエローカード0枚 GK 23 林瑞輝
  • イエローカード0枚 DF 22 オ ジェソク
  • イエローカード0枚 DF 5 三浦弦太
  • イエローカード0枚 DF 3 ファビオ
  • イエローカード0枚 DF 4 藤春廣輝
  • イエローカード0枚 MF 7 遠藤保仁
  • イエローカード0枚 MF 8 マテウス
  • イエローカード0枚 MF 25 藤本淳吾
  • イエローカード0枚 MF 10 倉田秋
  • イエローカード0枚 FW 11 ファン ウィジョ
  • イエローカード0枚 FW 20 長沢駿
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 41 谷晃生
  • イエローカード0枚 DF 2 西野貴治
  • イエローカード0枚 MF 26 妹尾直哉
  • イエローカード0枚 MF 27 森勇人
  • イエローカード0枚 MF 29 髙江麗央
  • イエローカード0枚 MF 40 食野亮太郎
  • イエローカード0枚 FW 38 中村敬斗

ゲームスタッツ

ジュビロ磐田
  • 合計
  • 前半
  • 後半
ガンバ大阪

シュート数

17
10
FW 20 川又堅碁
5
MF 7 田口泰士
3
MF 11 松浦拓弥
3
FW 16 中野誠也
2
MF 27 荒木大吾
1
MF 14 松本昌也
1
DF 4 新里亮
1
DF 3 大井健太郎
1
FW 11 ファン ウィジョ
5
MF 10 倉田秋
3
MF 7 遠藤保仁
1
MF 29 髙江麗央
1

CK

11
4

直接FK

13
5

間接FK

5
2

PK

0
0

GK

7
11

オフサイド

5
2

シュート数

4
4
FW 20 川又堅碁
2
MF 7 田口泰士
1
MF 11 松浦拓弥
1
FW 11 ファン ウィジョ
3
MF 10 倉田秋
1

CK

2
3

直接FK

7
2

間接FK

2
1

PK

0
0

GK

3
2

オフサイド

2
1

シュート数

13
6
FW 20 川又堅碁
3
MF 7 田口泰士
2
MF 11 松浦拓弥
2
FW 16 中野誠也
2
MF 27 荒木大吾
1
MF 14 松本昌也
1
DF 4 新里亮
1
DF 3 大井健太郎
1
MF 10 倉田秋
2
FW 11 ファン ウィジョ
2
MF 7 遠藤保仁
1
MF 29 髙江麗央
1

CK

9
1

直接FK

6
3

間接FK

3
1

PK

0
0

GK

4
9

オフサイド

3
1

シュート数

0
0

CK

0
0

直接FK

0
0

間接FK

0
0

PK

0
0

GK

0
0

オフサイド

0
0
※チームスタッツは試合中は速報を元に集計した値を表示し、試合後しばらくしてから公式スタッツの値を表示しています。

ハーフタイムコメント

ジュビロ磐田

・奪った後の顔出しや飛び出しをしっかりしよう。
・まず1点取りにいくこと。

ガンバ大阪

・ボールを奪ってから早く攻める。
・2点目を取るという気持ちを常に持つ。
・セットプレーをしっかり確認する。

総評(試合終了後のガンバ大阪コメント)

監督
クルピ監督「サポーターの方々に非常に見応えのある、そしてエキサイティングなゲームになったと思います。両チームとも勝利を目指して攻撃的に行くという姿勢が見られた本当にいい試合ではなかったかと思います。そして我々にとってはこの勝利の味というのは、格別の味ということになるんですけれども、何故ならば水曜日に非常に悔しい思いを全員がしたところだったんですけれど、中2日挟んで、120分の試合の後、今日走り抜いた選手たちは本当によくやってくれたと思いますし、彼らの今日のパフォーマンスを心から讃えたいと思います。」

Q「天皇杯と同じ先発11人で臨んで、ショッキングな負けから立ち直って今日勝つことができた要因としてはどのようないい精神的な影響があったのでしょうか。」
クルピ監督「水曜日の敗戦の後、本当にチームの誰もが非常に悔しい思いをして、そして非常に難しい時間を今日まで過ごしてきたわけですが、そこで私が考えたのは、ここで何人かの選手を先発で交代することで、その選手だけが負けた要因だったというイメージを与えることは絶対に良くないと。勝つ時も負ける時も一人で勝つわけではない、一人で負けるわけでもない。みんなが責任を取るという思いを持って今日の試合に臨むことが一番いいのではないかということで、同じメンバーでジュビロとの対戦を迎えました。非常に難しい判断でしたけれども、選手たちが自信とプライドを取り戻すチャンスだと捉えてほしいと思ったんですけれども、そこを彼らは感じて今日の勝利に繋げてくれました。更には私にとってもラッキーだったと思います。同じメンバーを送り込むということは違う結果に繋がってしまってもおかしくなかったと思うんですが、勝てたというのは彼らの力であり、そしてラッキーな部分も私にとってはあったかなと思います。」

Q「前半、点が入るまで遠藤選手がちょっといつもよりも低めの位置にいて、途中から上げたということでこの前の試合とは戦術的に変わったところもあったかと思うのですが、この前の敗戦から今日に向けて戦術的に変更した部分や徹底した部分はありましたか。」
クルピ監督「大きな戦術的な変更というのは特に今日の試合ありませんでした。ただ、ハーフタイムに髙江を入れた時に伝えたのは、髙江はしっかりと守備ができる選手なので、遠藤とマテウスと協力して中盤の守備を固くいこうということですね。さらにフィジカル的にも髙江が入ることによってパワーが落ちないという部分があったと思います。そういった中で遠藤ですけれどもゲームの状況を見ながら前でプレーしたり、少し下がってみたり、ゲームを落ち着かせるために彼の判断でポジションを変えていたところもあったと思います。やはり、そういうところは、彼の格の違いというのをゲームを通して見せてくれました。」