ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

試合詳細

第18節 2018.7.28(土) 19:00~ 吹田S(28,534人) 曇時々雨、弱風 主審:廣瀬格 副審:今岡洋二/秋澤昌治

ガンバ大阪

  • 米倉恒貴 70 '
試合終了
1
-
1
 
0 前半 1
1 後半 0
 

鹿島アントラーズ

  • 町田浩樹 41 '
  • ゴール
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • イエローカード
  • イエローカード
  • イエローカード
  • ゴール
  • 交代
  • 交代
  • 交代
タイムライン
ガンバ大阪
  • 監督 宮本恒靖
  • イエローカード2枚 GK 1 東口順昭
  • イエローカード0枚 DF 3 ファビオ
  • イエローカード0枚 DF 5 三浦弦太
  • イエローカード0枚 DF 6 初瀬亮
  • イエローカード0枚 DF 14 米倉恒貴
  • イエローカード0枚 DF 22 オ ジェソク
  • イエローカード0枚 MF 7 遠藤保仁
  • イエローカード1枚 MF 10 倉田秋
  • イエローカード0枚 MF 28 高宇洋
  • イエローカード0枚 FW 9 アデミウソン
  • イエローカード1枚 FW 11 ファン ウィジョ
  • サブ
  • イエローカード1枚 GK 23 林瑞輝
  • イエローカード2枚 DF 13 菅沼駿哉
  • イエローカード2枚 MF 25 藤本淳吾
  • イエローカード1枚 MF 29 髙江麗央
  • イエローカード0枚 MF 40 食野亮太郎
  • イエローカード0枚 FW 19 一美和成
  • イエローカード0枚 FW 20 長沢駿

速報

  • 90+3'
    試合終了

  • 90+3'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 20 長沢駿

  • 90+3'
    ガンバ大阪 CK

  • 90+3'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 9 アデミウソン

  • 90+2'
    ガンバ大阪 CK

    右サイドから初瀬が蹴る。

  • 90+2'
    鹿島アントラーズ シュート

    DF 32 安西幸輝

    強烈なミドルシュートは東口がファインセーブ。

  • 90'
    アディショナルタイム 3分

  • 90'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 20 長沢駿

    藤本からのクロスに頭で合わせるも枠を外す。

  • 88'
    鹿島アントラーズ CK

  • 88' 交代
    鹿島アントラーズ 交代

    FW 8 土居聖真 OUT → FW 19 山口一真 IN

  • 87' 交代
    ガンバ大阪 交代

    FW 11 ファン ウィジョ OUT → FW 20 長沢駿 IN

  • 85' 交代
    鹿島アントラーズ 交代

    DF 2 内田篤人 OUT → DF 24 伊東幸敏 IN

  • 83' 交代
    ガンバ大阪 交代

    MF 10 倉田秋 OUT → MF 40 食野亮太郎 IN

  • 83'
    鹿島アントラーズ シュート

    FW 8 土居聖真

    ペナルティエリア右からのシュートは大きく枠を外す。

  • 81'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 11 ファン ウィジョ

    左サイド深くから右足を振り抜くもわずかにバーの上。

  • 79' 交代
    鹿島アントラーズ 交代

    MF 30 安部裕葵 OUT → DF 22 西大伍 IN

  • 77' 交代
    ガンバ大阪 交代

    DF 14 米倉恒貴 OUT → MF 25 藤本淳吾 IN

  • 77'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 7 遠藤保仁

    左足でのミドルシュートは大きく枠を外す。

  • 76'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 9 アデミウソン

    米倉のクロスに頭で合わせるも枠を捉えず相手ボールに。

  • 73'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 9 アデミウソン

    ウィジョからのパスを受け打つも枠を捉えられず。

  • 70' ゴール
    ガンバゴール

    DF 14 米倉恒貴

    右サイドから弧を描いたミドルシュートはサイドネットを突き刺し同点ゴール!!

  • 69'
    鹿島アントラーズ シュート

    MF 6 永木亮太

    ミドルシュートは大きく枠を外す。

  • 68' イエローカード
    ガンバ大阪 イエローカード

    FW 11 ファン ウィジョ

  • 65'
    鹿島アントラーズ 直接FK

    DFがクリア。

  • 64' イエローカード
    ガンバ大阪 イエローカード

    MF 28 高宇洋

  • 63'
    鹿島アントラーズ シュート

    MF 30 安部裕葵

    クロスボールのこぼれ球を拾われミドルシュートを打たれるも大きく枠を外す。

  • 61'
    ガンバ大阪 CK

    右サイドから初瀬が蹴るも相手DFにクリアされる。

  • 58'
    鹿島アントラーズ 直接FK

    これはクリア。

  • 56' イエローカード
    ガンバ大阪 イエローカード

    DF 5 三浦弦太

  • 55'
    ガンバ大阪 CK

    ファーに流れる。

  • 54'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 11 ファン ウィジョ

    CKのこぼれ球を繋ぎ、最後はウィジョが打つも相手DFに当たり再度CKに。

  • 54'
    ガンバ大阪 CK

    右サイドから初瀬が蹴る。

  • 48'
    鹿島アントラーズ CK

    左からのCKはファールを受けガンバボールに。

  • 46'
    後半開始

  • 45+1'
    ハーフタイム

  • 45'
    アディショナルタイム 1分

  • 41' ゴール
    鹿島アントラーズ ゴール

    DF 28 町田浩樹

    FKをファーサイドで折り返され、最後は身体で押し込まれ失点。

  • 41'
    鹿島アントラーズ 直接FK

  • 24'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 11 ファン ウィジョ

  • 19'
    ガンバ大阪 CK

    初瀬が右足で入れるが、DFにクリアされる。

  • 9'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 9 アデミウソン

    DFラインでボールを奪い、GKと1対1もシュートを外す。

  • 7'
    鹿島アントラーズ シュート

    MF 6 永木亮太

    DFのクリアボールをダイレクトで打たれるが、枠外。

  • 6'
    ガンバ大阪 CK

    初瀬が右足で入れるがGKにキャッチされる。

  • 1'
    試合開始

鹿島アントラーズ
  • 監督 大岩剛
  • イエローカード0枚 GK 1 クォン スンテ
  • イエローカード1枚 DF 2 内田篤人
  • イエローカード0枚 DF 39 犬飼智也
  • イエローカード0枚 DF 28 町田浩樹
  • イエローカード0枚 DF 32 安西幸輝
  • イエローカード3枚 MF 20 三竿健斗
  • イエローカード1枚 MF 6 永木亮太
  • イエローカード0枚 MF 13 中村充孝
  • イエローカード2枚 MF 30 安部裕葵
  • イエローカード1枚 FW 9 鈴木優磨
  • イエローカード0枚 FW 8 土居聖真
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 21 曽ヶ端準
  • イエローカード1枚 DF 5 チョン スンヒョン
  • イエローカード0枚 DF 24 伊東幸敏
  • イエローカード1枚 DF 22 西大伍
  • イエローカード0枚 MF 4 レオ シルバ
  • イエローカード0枚 MF 36 田中稔也
  • イエローカード0枚 FW 19 山口一真

ゲームスタッツ

ガンバ大阪
  • 合計
  • 前半
  • 後半
鹿島アントラーズ

シュート数

7
6
FW 9 アデミウソン
3
FW 11 ファン ウィジョ
2
DF 14 米倉恒貴
2
MF 6 永木亮太
2
MF 20 三竿健斗
1
FW 8 土居聖真
1
DF 32 安西幸輝
1
DF 28 町田浩樹
1

CK

7
2

直接FK

6
14

間接FK

3
1

PK

0
0

GK

6
11

オフサイド

3
1

シュート数

2
2
FW 9 アデミウソン
1
DF 14 米倉恒貴
1
MF 6 永木亮太
1
DF 28 町田浩樹
1

CK

2
0

直接FK

3
9

間接FK

1
1

PK

0
0

GK

2
3

オフサイド

1
1

シュート数

5
4
FW 9 アデミウソン
2
FW 11 ファン ウィジョ
2
DF 14 米倉恒貴
1
MF 6 永木亮太
1
MF 20 三竿健斗
1
FW 8 土居聖真
1
DF 32 安西幸輝
1

CK

5
2

直接FK

3
5

間接FK

2
0

PK

0
0

GK

4
8

オフサイド

2
0

シュート数

0
0

CK

0
0

直接FK

0
0

間接FK

0
0

PK

0
0

GK

0
0

オフサイド

0
0
※チームスタッツは試合中は速報を元に集計した値を表示し、試合後しばらくしてから公式スタッツの値を表示しています。

ハーフタイムコメント

ガンバ大阪

・守備はしっかりスライドをつづける。
・攻撃は早くポジションをみつける。
・セットプレーの折りかえしのボールに気をつける。

鹿島アントラーズ

・守備の時、行くところと行かないところをはっきりさせること。
・もっとボールを動かして、相手を走らせよう。
・攻守において一体となり、全員で戦おう!

総評(試合終了後のガンバ大阪コメント)

監督
宮本監督「選手が、監督が代わったタイミングでしっかりとした意欲であったり、意識の高さをを持って練習から取り組んでくれていました。それを試合中でも出すんだという決意を持って試合に入っていったと思います。実際に練習してきた守備の部分はたくさん見られたと思いますし、もったいないというかFKで惜しい失点がありましたけど、その後も頭を下げることなくしっかり後半入っていって、同点に追いついてからはたくさんのチャンスを作れていたと思うので、選手の頑張りは賞賛に値すると思いますし、これからもっともっとやっていくんだという雰囲気が試合後ロッカーにはありましたから、これを続けていきたいと思います。」

Q「高選手がスタメンでしたがスタメンに抜擢したその理由と、彼のプレーの評価をお願いします。」
宮本監督「前半戦のチームの戦いを見ている中で、中盤の守備が1つ改善点に挙げられると思っていたので、高にはその役割を期待してJ3からそういう役割を与えて、しっかりとしたパフォーマンスを
出して来たので、J1の試合は初めてでしたけれども、高に関してはしっかりやってくれるんじゃないかと思って出しました。その中で、最初は緊張感があったと思いますが、後半時間が進む中で尻上がりに攻撃面でも良くなったと思いますし、守備面は本当にボールをかすめ取るような動きを前半から頑張っていたと思います。」

Q「高選手に加えて、2列目の右で米倉選手を起用しましたが、過去今シーズンガンバが良かった試合は米倉選手が右サイドで強度の高いプレーをしていたと思いますが、その2人を起用したことが今日の中盤の強度の高さというか良さにつながったのでしょうか?」
宮本監督「鹿島の左サイドの安西、安部という所のインテンシティの高さという所を、ある程度抑えながらという意味で、その2人の組み合わせにしました。4-4-2のしっかりとしたスライド
という所を期待する中で、後半藤本を入れて勝負所はあったのでそこはある程度プラン通りでした。」

Q「ある程度まずは失点しないことを優先し、勝負どころで藤本選手を起用するということでしょうか。」
宮本監督「そうですね、やっぱり、前半右サイドでうまく行っていない部分があったので、攻撃の部分で。そこは後半代えるにあたって違った役割を与えながら代えていきました。」

Q「試合前のバス入りの時からサポーターの熱気を感じられたと思いますが、今日のスタジアムの雰囲気やサポーターのみなさんの気持ちを監督自身はどのように受け取られたでしょうか?」
宮本監督「あれを見て奮起しない選手はいないと思いますし、サポーターも悔しい想いをしている中で、我々も勝ちたいけれども彼らに勝利を届けるんだという所を選手に訴えて入っていきました。
本当にああいう姿を見せてくれたことは心強かったと思いますし、試合をやるにあたって。本当に勝利を届けたかったですけれども、それに応えたいという選手の気持ちは十分に出ていた試合かなと思います。」

Q「昨日の時点ではまだ、初めて監督自身がJ1で指揮をとるということへの高ぶりはないとおっしゃっていましたが、今日実際に指揮をとってみて監督自身が感じたことはありますか。」
宮本監督「単純に鹿島の選手のレベルの高さをピッチ間際で感じるところもありましたし、ただガンバの選手も最初はそういったところに対して受けるシーンもありましたけど、徐々に上回っていったところもありますし、試合の中でいかにどう変化していくのかとか、どちらのチームが優勢になっていくのかとかの流れをしっかり感じながらであったり、見ながらというところはある程度自分としては冷静にやっていたつもりです。」

Q「今日の高選手と米倉選手による中盤の守備は鹿島戦に限ったことなのか、今後の戦いのベースにしたいのかどちらでしょうか。」
宮本監督「相手の性格によって選手起用は考えたいと思いますし、そういった戦術的な落とし込みをする時間が少ないのは事実ですけれども、うまくそこはやっていって、チームとしてしっかりとした守備が必要だとは選手にも伝えていますし、前節まで25失点していて15得点という中でそこは減らしたいというのはあるので、それは引き続き求めます。」