ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

試合詳細

第11節 2018.4.29(日 祝) 16:00~ 吹田S(18,642人) 晴、弱風 主審:松尾一 副審:大川直也 / 松井健太郎

ガンバ大阪

  • 倉田秋 68 '
  • ファン ウィジョ 82 '
  • マテウス 90 +2 '
試合終了
3
-
0
 
0 前半 0
3 後半 0
 

サガン鳥栖

  • ゴール
  • ゴール
  • ゴール
  • 交代
  • 交代
  • イエローカード
  • 交代
  • 交代
  • 交代
タイムライン
ガンバ大阪
  • 監督 レヴィー クルピ
  • イエローカード1枚 GK 23 林瑞輝
  • イエローカード0枚 DF 22 オ ジェソク
  • イエローカード0枚 DF 5 三浦弦太
  • イエローカード0枚 DF 3 ファビオ
  • イエローカード0枚 DF 4 藤春廣輝
  • イエローカード0枚 MF 7 遠藤保仁
  • イエローカード1枚 MF 8 マテウス
  • イエローカード2枚 MF 25 藤本淳吾
  • イエローカード0枚 FW 14 米倉恒貴
  • イエローカード1枚 FW 11 ファン ウィジョ
  • イエローカード0枚 FW 10 倉田秋
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 31 鈴木椋大
  • イエローカード0枚 DF 6 初瀬亮
  • イエローカード1枚 DF 13 菅沼駿哉
  • イエローカード0枚 MF 15 今野泰幸
  • イエローカード0枚 MF 29 髙江麗央
  • イエローカード0枚 MF 40 食野亮太郎
  • イエローカード1枚 FW 38 中村敬斗

速報

  • 90+6'
    試合終了

  • 90+6'
    ガンバ大阪 CK

  • 90+6'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 40 食野亮太郎

    ゴール前で相手DFを剥し放つもキーパー正面。

  • 90+5'
    サガン鳥栖 シュート

    MF 6 福田晃斗

    これは林が抑える。

  • 90+2' ゴール
    ガンバゴール

    MF 8 マテウス

    ミドルレンジから得意の左足を振り抜き来日初ゴール!!

  • 90+1'
    サガン鳥栖 直接FK

  • 90'
    アディショナルタイム 6分

  • 90' イエローカード
    ガンバ大阪 イエローカード

    MF 8 マテウス

  • 90'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 38 中村敬斗

    相手陣内深くドリブルで攻め込み角度の無いところから放つもゴールラインを割る。

  • 82' ゴール
    ガンバゴール

    FW 11 ファン ウィジョ

    縦への素早い攻撃からウィジョがカットインし貴重な追加点を挙げる!

  • 82'
    サガン鳥栖 直接FK

  • 82' 交代
    ガンバ大阪 交代

    FW 14 米倉恒貴 OUT → MF 40 食野亮太郎 IN

  • 77'
    サガン鳥栖 シュート

    MF 25 安庸佑

    これは枠を大きく外す。

  • 76'
    ガンバ大阪 CK

    これはファーに大きく流れる。

  • 75'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 14 米倉恒貴

    ゴール前でのパス交換からシュートを放つも相手DFにブロックされCKに。

  • 74' 交代
    ガンバ大阪 交代

    MF 25 藤本淳吾 OUT → FW 38 中村敬斗 IN

  • 73'
    サガン鳥栖 シュート

    MF 36 高橋秀人

    右サイドからのクロスに走りこんできた相手選手にヘディングされるも枠を捉えず。

  • 72'
    サガン鳥栖 CK

    これはクリアする。

  • 71' 交代
    サガン鳥栖 交代

    DF 5 キム ミンヒョク OUT → FW 9 趙東建 IN

  • 68' ゴール
    ガンバゴール

    FW 10 倉田秋

    中央でボールを受け左足を振り抜いたミドルシュートがネットに突き刺さる!

  • 66' 交代
    サガン鳥栖 交代

    FW 27 田川亨介 OUT → MF 25 安庸佑 IN

  • 60'
    サガン鳥栖 シュート

    FW 40 小野裕二

    右サイドからのクロスに頭で合わせられるもシュートは枠を外す。

  • 53'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 10 倉田秋

    左サイドでの展開からシュートを放つもキーパーに弾かれる。

  • 51'
    サガン鳥栖 CK

    ファーに流れる。

  • 50' 交代
    サガン鳥栖 交代

    MF 14 高橋義希 OUT → DF 8 藤田優人 IN

  • 47'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 14 米倉恒貴

    中央でボールを受けた米倉がそのまま持ち上がりミドルシュートを放つがキーパー正面。

  • 46'
    後半開始

  • 45+1'
    ハーフタイム

  • 45+1'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 10 倉田秋

    米倉のクロスを合わせるが、枠を捉えず。

  • 45+1'
    ガンバ大阪 CK

    藤本がゴール前に入れるが、混戦となったところをクリアされる。

  • 45'
    アディショナルタイム 1分

  • 44'
    ガンバ大阪 CK

    藤本が蹴るが、GKがパンチングでクリア。

  • 42'
    ガンバ大阪 シュート

    DF 5 三浦弦太

    CKをニアサイドであわせるが、枠に飛ばず。

  • 42'
    ガンバ大阪 CK

    遠藤が右足でニアサイドへ入れる。

  • 39'
    ガンバ大阪 CK

    藤本が蹴るが、ニアサイドでクリアされる。

  • 37'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 14 米倉恒貴

    中盤でボールをカットし、右サイドへ展開。米倉が強烈なシュートを打つが、GKに防がれる。

  • 35'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 14 米倉恒貴

    ペナルティエリア内の混戦からボールを拾い、そのままシュートもGK正面。

  • 31'
    サガン鳥栖 シュート

    MF 4 原川力

  • 31'
    サガン鳥栖 直接FK

  • 29'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 10 倉田秋

    藤本から左サイドへ展開し、ゴール前に折り返したところを走り込んできた倉田が右足であわせるも枠を捉えず。

  • 28'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 10 倉田秋

    ドリブルから左足のミドルシュートは枠外。

  • 27'
    サガン鳥栖 シュート

    MF 4 原川力

    左サイドでのパス交換からシュートを打たれるが、枠を外す。

  • 23'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 8 マテウス

    ミドルシュートは惜しくも枠を外す。

  • 16'
    サガン鳥栖 直接FK

    ニアサイドでクリア。

  • 15'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 11 ファン ウィジョ

    ペナルティエリア内でこぼれ球を拾い、左足のシュートはミートせずGKにキャッチされる。

  • 14'
    サガン鳥栖 CK

    DFがクリア。

  • 13'
    サガン鳥栖 直接FK

    ゴールに向かってきたため、林がパンチングでクリア。

  • 10'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 8 マテウス

    左足でミドルシュートも枠を捉えず。

  • 7'
    サガン鳥栖 シュート

    FW 40 小野裕二

    ペナルティエリア外からのシュートは枠外。

  • 4'
    ガンバ大阪 CK

    藤本が3度続けて蹴るが、GKがパンチングでクリアされる。

  • 3'
    ガンバ大阪 CK

    続けて藤本が蹴るが、ニアサイドでクリアされる。

  • 3'
    ガンバ大阪 CK

    藤本が蹴るが、DFにクリアされCKが続く。

  • 1'
    試合開始

サガン鳥栖
  • 監督 マッシモ フィッカデンティ
  • イエローカード0枚 GK 20 権田修一
  • イエローカード2枚 DF 5 キム ミンヒョク
  • イエローカード0枚 DF 15 鄭昇炫
  • イエローカード0枚 DF 3 高橋祐治
  • イエローカード2枚 DF 23 吉田豊
  • イエローカード2枚 MF 6 福田晃斗
  • イエローカード2枚 MF 36 高橋秀人
  • イエローカード0枚 MF 14 高橋義希
  • イエローカード0枚 MF 4 原川力
  • イエローカード2枚 FW 40 小野裕二
  • イエローカード2枚 FW 27 田川亨介
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 18 高丘陽平
  • イエローカード0枚 DF 8 藤田優人
  • イエローカード1枚 DF 13 小林祐三
  • イエローカード0枚 MF 7 河野広貴
  • イエローカード0枚 MF 21 加藤恒平
  • イエローカード0枚 MF 25 安庸佑
  • イエローカード0枚 FW 9 趙東建

ゲームスタッツ

ガンバ大阪
  • 合計
  • 前半
  • 後半
サガン鳥栖

シュート数

19
8
MF 8 マテウス
5
FW 10 倉田秋
5
FW 14 米倉恒貴
4
FW 11 ファン ウィジョ
2
MF 40 食野亮太郎
1
FW 38 中村敬斗
1
DF 5 三浦弦太
1
FW 40 小野裕二
3
MF 4 原川力
2
MF 6 福田晃斗
1
MF 36 高橋秀人
1
MF 25 安庸佑
1

CK

9
3

直接FK

12
15

間接FK

2
5

PK

0
0

GK

13
8

オフサイド

2
5

シュート数

11
3
MF 8 マテウス
4
FW 10 倉田秋
3
FW 14 米倉恒貴
2
FW 11 ファン ウィジョ
1
DF 5 三浦弦太
1
MF 4 原川力
2
FW 40 小野裕二
1

CK

7
1

直接FK

7
8

間接FK

2
2

PK

0
0

GK

4
7

オフサイド

2
2

シュート数

8
5
FW 14 米倉恒貴
2
FW 10 倉田秋
2
MF 8 マテウス
1
MF 40 食野亮太郎
1
FW 38 中村敬斗
1
FW 11 ファン ウィジョ
1
FW 40 小野裕二
2
MF 6 福田晃斗
1
MF 36 高橋秀人
1
MF 25 安庸佑
1

CK

2
2

直接FK

5
7

間接FK

0
3

PK

0
0

GK

9
1

オフサイド

0
3

シュート数

0
0

CK

0
0

直接FK

0
0

間接FK

0
0

PK

0
0

GK

0
0

オフサイド

0
0
※チームスタッツは試合中は速報を元に集計した値を表示し、試合後しばらくしてから公式スタッツの値を表示しています。

ハーフタイムコメント

ガンバ大阪

・前を向いて勝負していこう。
・前線へのサポートをする。
・守備はサボらない。

サガン鳥栖

・相手がチャンスをつくれている時は自分たちのバランスが崩れているので気をつけること。
・選手間の距離に気を付けること。
・最後まで走り続けること。

総評(試合終了後のガンバ大阪コメント)

監督
クルピ監督「今日はガンバ大阪として非常に良い戦いが出来たと思います。それはバランスが良かったというところ。そして決定力があったということですね。本当に勝利しか考えられない状況の中で、勝利に値する内容で勝てたということは選手達を心から誇りに思います。」

Q「中盤でテンポ良くボールが繋がったと思いますが、そのあたりの手ごたえはいかがでしょうか。」
クルピ監督「中盤でのボール回しというところも1つの修正点ではあったので、その点も含めて今週色々な話を選手達としてきました。試合の前の段階で降格圏にいたということもあるので、まずどんどんボールを動かすというところ、そして相手のゴールをいかに奪うかというところ。本当に基本的なですけれども、やるべきことを1人だけでなくみんなでやらなきゃいけないという所をかなり今週は話してきました。ですから1つだけではなく、いくつかの点の修正が、今日はある程度できたと思っています。」

Q「ずっとバランスが良くなかったとおっしゃっていましたが、今日そのバランスが良くなった1番の要因は何だと考えますか。」
クルピ監督「おっしゃる通りで、今日の試合においてバランスは良かったと思います。ただこれがバランスが良くなったと断言できるかと言えば、そうではなくて、今後この良い試合を続けることができて初めてバランスが良くなったと言えると思います。
さらにいうと、試合の中でもまだ波もありますので、攻守のバランスということに対してはこれからも常に選手達に求めながらやっていきたいと思います。今シーズン1番バランスが良かった試合であることは間違いないとは思いますが、この試合がこれからも続くように出来ればばと思います。」

Q「倉田選手が今日素晴らしいゴールを決めました。シュート練習が増えたと倉田選手は言っていましたが、意図的に監督がシュートの練習を増やしているのか、元々そういう練習をやってきたのか、どちらでしょうか。」
クルピ監督「本当にガンバ大阪の選手達を見ていると、プロの集団と言えるグループだと思います。その中で個人個人でフィニッシュの精度を高める意識を持って練習をしているというところもありますし、私がその練習を促すこともあります。日本の選手を長く見ていて思うのは、やはりフィニッシュの意識が低いということですね。パスは上手いのですがシュートを打てるときに打たないという傾向が非常に多く見受けられると思います。
ただしその意識さえ変えれば、私は絶対にそこを変えることが出来ると思いますので、常に選手達にはシュートの意識を持てという声をかけています。倉田選手ですが今日、本当に難しいシュートを決めましたが、何故じゃあ決まったのかというとシュートにチャレンジしたからゴールが決まったということなんですね。あのシュートの意識を今後も、どの選手にも持ってもらいたいです。
それは今日のマテウスも同じですが、試合の中でおそらく4本シュートを打ったと思いますが、最後の1本をしっかり決めたというところもシュートの意識の表れだと思います。」