• Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

試合詳細

第15節 2017.7.2(日) 18:00~ 吹田S(1,043人) 晴のち曇時々雨 主審:山岡良介 副審:上原直人/矢野浩平

ガンバ大阪U-23

  • 妹尾直哉 50 '
  • 妹尾直哉 57 '
  • 一美和成 61 '
試合終了
3
-
2
 
0 前半 1
3 後半 1
 

栃木SC

  • 上形洋介 28 '
  • 和田達也 90 +5 '
  • ゴール
  • ゴール
  • ゴール
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • イエローカード
  • イエローカード
  • ゴール
  • ゴール
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • イエローカード
  • イエローカード
  • イエローカード
タイムライン
ガンバ大阪U-23
  • 監督 宮本恒靖
  • イエローカード1枚 GK 1 林瑞輝
  • イエローカード0枚 DF 30 平尾壮
  • イエローカード2枚 DF 23 中原彰吾
  • イエローカード0枚 DF 28 嫁阪翔太
  • イエローカード2枚 MF 34 高宇洋
  • イエローカード1枚 MF 49 芝本蓮
  • イエローカード1枚 MF 26 妹尾直哉
  • イエローカード0枚 MF 44 髙江麗央
  • イエローカード0枚 MF 56 足立翼
  • イエローカード3枚 FW 29 郡大夢
  • イエローカード0枚 FW 33 一美和成
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 58 棟方博文
  • イエローカード0枚 DF 45 足立丈英
  • イエローカード0枚 DF 46 臼井貫太
  • イエローカード0枚 DF 47 奥井大貴
  • イエローカード1枚 MF 27 森勇人
  • イエローカード1枚 MF 43 梅津克貴
  • イエローカード0枚 FW 50 白井陽斗

交代

ガンバ大阪U-23
  • 73'MF 56 足立翼 → DF 47 奥井大貴
  • 90 +4'MF 49 芝本蓮 → MF 43 梅津克貴
  • 90 +7'MF 26 妹尾直哉 → DF 46 臼井貫太
栃木SC
  • 65'MF 38 宮崎泰右 → MF 21 牛之濵拓
  • 65'FW 13 上形洋介 → FW 19 服部康平
  • 87'MF 2 西澤代志也 → MF 24 和田達也

イエローカード

ガンバ大阪U-23
  • 51'MF 56 足立翼
  • 90 +10'GK 1 林瑞輝
栃木SC
  • 53'FW 11 岡﨑建哉
  • 64'MF 16 仙石廉
  • 79'FW 19 服部康平

レッドカード

ガンバ大阪U-23
栃木SC
栃木SC
  • 監督 横山雄次
  • イエローカード0枚 GK 15 ジョニー・レオーニ
  • イエローカード1枚 DF 4 広瀬健太
  • イエローカード1枚 DF 5 尾本敬
  • イエローカード0枚 DF 17 福岡将太
  • イエローカード3枚 MF 38 宮崎泰右
  • イエローカード1枚 MF 2 西澤代志也
  • イエローカード2枚 MF 16 仙石廉
  • イエローカード2枚 MF 26 夛田凌輔
  • イエローカード0枚 FW 11 岡﨑建哉
  • イエローカード0枚 FW 13 上形洋介
  • イエローカード2枚 FW 14 西谷和希
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 1 竹重安希彦
  • イエローカード0枚 DF 7 菅和範
  • イエローカード0枚 MF 24 和田達也
  • イエローカード0枚 MF 28 安藤由翔
  • イエローカード0枚 MF 21 牛之濵拓
  • イエローカード0枚 FW 8 廣瀬浩二
  • イエローカード2枚 FW 19 服部康平

ゲームスタッツ

ガンバ大阪U-23
  • 合計
  • 前半
  • 後半
栃木SC

シュート数

8
14
MF 26 妹尾直哉
2
FW 29 郡大夢
2
MF 49 芝本蓮
1
FW 33 一美和成
1
DF 30 平尾壮
1
DF 23 中原彰吾
1
FW 14 西谷和希
3
MF 24 和田達也
2
FW 13 上形洋介
2
FW 11 岡﨑建哉
2
MF 26 夛田凌輔
1
MF 21 牛之濵拓
1
DF 5 尾本敬
1
DF 4 広瀬健太
1
DF 17 福岡将太
1

CK

1
8

直接FK

19
16

間接FK

4
3

PK

0
0

GK

10
8

オフサイド

4
3

シュート数

3
6
MF 49 芝本蓮
1
FW 29 郡大夢
1
DF 30 平尾壮
1
FW 14 西谷和希
2
MF 26 夛田凌輔
1
FW 13 上形洋介
1
FW 11 岡﨑建哉
1
DF 4 広瀬健太
1

CK

0
1

直接FK

8
6

間接FK

1
2

PK

0
0

GK

5
6

オフサイド

1
2

シュート数

5
8
MF 26 妹尾直哉
2
FW 33 一美和成
1
FW 29 郡大夢
1
DF 23 中原彰吾
1
MF 24 和田達也
2
MF 21 牛之濵拓
1
FW 14 西谷和希
1
FW 13 上形洋介
1
FW 11 岡﨑建哉
1
DF 5 尾本敬
1
DF 17 福岡将太
1

CK

1
7

直接FK

11
10

間接FK

3
1

PK

0
0

GK

5
2

オフサイド

3
1

シュート数

0
0

CK

0
0

直接FK

0
0

間接FK

0
0

PK

0
0

GK

0
0

オフサイド

0
0

ハーフタイムコメント

ガンバ大阪U-23

・点は取られたが大丈夫。顔を上げていこう。
・攻撃はうまく動かしながら、崩せるところを探そう。
・丁寧に繋ごう。
・信じて最後まで走りきろう。

栃木SC

・ラインが下がりすぎないように。
・ファーストDFをしっかりしよう。
・2点目、3点目を取りにいこう。

総評(試合終了後のガンバ大阪U-23コメント)

宮本監督「前半入りも悪くなく、15分、20分と自分たちが狙いとするサッカーをしていた中で、ちょっと、残念な形というか、ちょっと集中力が切れた瞬間に失点してしまった前半だったんですけど、全然、取り返すことができるというようなことを伝えたハーフタイムでした。選手も顔を上げて、じゃあ具体的に何をしようかというところで、妹尾がもっとスペースに出るような動きをしていこうとか、ラインの上げ下げというか相手のロングボールからの攻撃というのはケアしないといけないポイントだったので、そこをしっかりと集中してやるとか、その点が選手たちがしっかりと気持ちを奮い立たせて点を取りに行くというところに出た後半の立ち上がりで、しかもちょっとラッキーな形で裏にボールが出るというところから、妹尾が得意な形になって点を取った。そしてその後、みんなの重荷が取れてどんどんゴールに向かっていったという結果が3点につながったと思っています。色んなアクシデントがあった中で、瑞輝も怪我を抱えながら最後まで集中を切らさずに素晴らしいパフォーマンスをして、全員が戦うというところ、試合前に確認していたことなんですけど、それができていたことが勝利につながったんじゃないかなと感じています。」

Q「今季、なかなかなかった複数得点と、逆転勝ちとか今までできていなかったことをやったうえで、強豪の栃木に逆転勝ちできたということで、今後に弾みがつくような試合だと思いますが、監督はどのようにお考えでしょうか。」
宮本監督「フィジカルが強い相手だったり、個の強さを持っている相手に、じゃあどのように戦うのかと少し戦術的な練習が多かったんですけど、そういったものに対しても選手がいい反応を見せてくれましたし、何よりコンディションの良さも目立って、ボールを奪ってから出て行くとか何度もプレッシングをかけるというところのハードワークの部分の良さが目立った。それが試合のこういう結果につながるというところで、間違いなく選手の自信につながりますし、点を取られていたら、今までなら何となくまた今日も勝てないか、という雰囲気がありましたけど、今日に関してはピッチ上からそういうものは感じなかったですし。ただ、連勝というのがまだない中で、それをしていかないとこれからはいけないと選手には伝えました。」

Q「CBが今日はペ・スヨン選手が出場停止で3人ともに結果的に本職でない選手が入った形になりましたが、守備に対してのどうだったかというのと、率直に最下位を抜け出したことについてはどうでしょうか。」
宮本監督「順位に関しては、もちろん一番下にいるのは気分がいいものではないですけど、そこに関しては、もっともっとこの先勝っていくつもりでいますし、シーズン終了後にそういうのものが見えてくると思っています。守備に関しては少しずつ良くなっているのがラインコントロールの部分であったり、壮が入ってもそこの適性はあると思っていましたし、後はいかに翼であったり、妹尾のポジションの選手を生かすのかとか、髙江のポジション、蓮のポジションの選手がどれぐらいプレッシャーに行けるのか、もちろん、前線もそうなんですけど、そこの連動性と迫力さえあれば、今日のようなゲームはできるんじゃないかという予測はありました。実際、選手はそれをしっかりと遂行してやったと。ちょっと前節の反省から、後ろが重たくなったので前節は、それをやりたくないということでどんどん前から行こうということは言いましたね。それと後はラインの上げ下げというところでの連動性が生まれてきているので、今日はちょっとスリッピーなグラウンドが幸いしたところもありますし、それは続けていきたいですね。」