• Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

試合詳細

第8節 2017.5.14(日) 14:00~ 吹田S(1,004人) 晴 主審:辛島宗烈 副審:松本大/川勝彬史

ガンバ大阪U-23

  • 妹尾直哉 62 '
試合終了
1
-
2
 
0 前半 0
1 後半 2
 

Y.S.C.C.横浜

  • 小松駿太 52 '
  • 小松駿太 68 '
  • ゴール
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • イエローカード
  • イエローカード
  • ゴール
  • ゴール
  • 交代
  • 交代
  • 交代
タイムライン
ガンバ大阪U-23
  • 監督 宮本恒靖
  • イエローカード0枚 GK 31 林瑞輝
  • イエローカード1枚 DF 30 平尾壮
  • イエローカード1枚 DF 23 中原彰吾
  • イエローカード1枚 DF 42 ペ・スヨン
  • イエローカード0枚 DF 28 嫁阪翔太
  • イエローカード0枚 MF 34 高宇洋
  • イエローカード0枚 MF 49 芝本蓮
  • イエローカード1枚 MF 26 妹尾直哉
  • イエローカード0枚 MF 27 森勇人
  • イエローカード0枚 MF 44 髙江麗央
  • イエローカード1枚 FW 29 郡大夢
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 41 谷晃生
  • イエローカード0枚 GK 58 棟方博文
  • イエローカード0枚 DF 45 足立丈英
  • イエローカード0枚 DF 46 臼井貫太
  • イエローカード1枚 MF 43 梅津克貴
  • イエローカード0枚 MF 52 山下諒
  • イエローカード0枚 FW 33 一美和成

交代

ガンバ大阪U-23
  • 54'FW 29 郡大夢 → FW 33 一美和成
  • 74'DF 28 嫁阪翔太 → DF 46 臼井貫太
  • 85'MF 44 髙江麗央 → MF 43 梅津克貴
Y.S.C.C.横浜
  • 70'MF 15 奥田晃也 → FW 4 松田康佑
  • 80'FW 13 辻正男 → MF 17 宮尾孝一
  • 88'MF 23 仲村京雅 → MF 7 山本真也

イエローカード

ガンバ大阪U-23
  • 46'DF 42 ペ・スヨン
  • 68'MF 34 高宇洋
Y.S.C.C.横浜

レッドカード

ガンバ大阪U-23
Y.S.C.C.横浜
Y.S.C.C.横浜
  • 監督 樋口靖洋
  • イエローカード0枚 GK 16 フィリップ・ウィフマン
  • イエローカード0枚 DF 24 奥田裕貴
  • イエローカード1枚 DF 3 宗近慧
  • イエローカード2枚 DF 5 中西規真
  • イエローカード0枚 DF 25 西山峻太
  • イエローカード0枚 MF 27 小松駿太
  • イエローカード1枚 MF 10 吉田明生
  • イエローカード0枚 MF 23 仲村京雅
  • イエローカード0枚 MF 9 大泉和也
  • イエローカード0枚 MF 15 奥田晃也
  • イエローカード0枚 FW 13 辻正男
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 1 浅沼優瑠
  • イエローカード0枚 MF 6 小澤光
  • イエローカード1枚 MF 7 山本真也
  • イエローカード0枚 MF 17 宮尾孝一
  • イエローカード0枚 FW 4 松田康佑

ゲームスタッツ

ガンバ大阪U-23
  • 合計
  • 前半
  • 後半
Y.S.C.C.横浜

シュート数

14
12
MF 26 妹尾直哉
4
MF 27 森勇人
3
MF 44 髙江麗央
2
FW 29 郡大夢
2
MF 49 芝本蓮
1
DF 30 平尾壮
1
DF 23 中原彰吾
1
MF 23 仲村京雅
3
FW 13 辻正男
3
MF 9 大泉和也
2
MF 27 小松駿太
2
MF 15 奥田晃也
1
DF 5 中西規真
1

CK

0
2

直接FK

11
12

間接FK

0
0

PK

0
0

GK

9
12

オフサイド

0
0

シュート数

6
5
MF 26 妹尾直哉
2
MF 49 芝本蓮
1
MF 27 森勇人
1
FW 29 郡大夢
1
DF 30 平尾壮
1
MF 23 仲村京雅
2
MF 9 大泉和也
1
MF 15 奥田晃也
1
DF 5 中西規真
1

CK

0
1

直接FK

3
4

間接FK

0
0

PK

0
0

GK

5
5

オフサイド

0
0

シュート数

8
7
MF 44 髙江麗央
2
MF 27 森勇人
2
MF 26 妹尾直哉
2
FW 29 郡大夢
1
DF 23 中原彰吾
1
FW 13 辻正男
3
MF 27 小松駿太
2
MF 9 大泉和也
1
MF 23 仲村京雅
1

CK

0
1

直接FK

8
8

間接FK

0
0

PK

0
0

GK

4
7

オフサイド

0
0

シュート数

0
0

CK

0
0

直接FK

0
0

間接FK

0
0

PK

0
0

GK

0
0

オフサイド

0
0

ハーフタイムコメント

ガンバ大阪U-23

・奪ったボールは大事に前に運ぼう!
・我慢比べになるが、切り替えをしっかり。
・チャンスは必ずくる。それをしっかりものにしよう!!

Y.S.C.C.横浜

・ボールの奪い方が悪い。イージーミスに気をつける。
・テンポ良くボールを動かし、縦へ投げる動きを有効に使う。
・相手のショートカウンターに慌てずに対応すること。

総評(試合終了後のガンバ大阪U-23コメント)

宮本監督「連勝しようというところで試合に入ったので結果は残念に思いますが、ゴール前に入るとか迫力を持つことに関しては改善が見られ、0-1から1-1にした部分や1-1の時間帯の戦い方はポジティブに捉えていますし、失点に関しては少し若さが出たりとか個人に働き掛け続けているところが出たと思いますので、それを変えていくことかなというふうに思います。全体を通して残念ではありますけど、個々を育てるという観点で見るとポジティブにとらえています。」

Q「開幕から苦しい状況が続いているかと思いますが、今改善している点もあるとおっしゃっていましたが、改めて選手にとってこのJ3の場をどういうふうに感じているか、そして宮本監督個人としてこの場をどういうふうに捉えているか教えてください。」
宮本監督「まず2つ目の質問から答えさせてもらうと、得点を取れなくて、得点を取るためにずっとやってきているというところで、まぁ練習の成果が出ているところはさっきも言ったようにあるというところで、そこは改善しているところです。勝ち負けというところで言うと、やはり最下位のチームに負けたというところで、やはり勝たなければいけないゲームだったと思っていますし、ただまぁ、新体制会見で話したこともありましたけど、結果と育成を両方やっていくことの難しさは感じていますし、それは開幕してからも、開幕前からも感じています。ただ練習を振り返った中で、開幕当初、練習の立ち上げの最初の頃は2、3人の例えば中原だったり森だったりが目立っていたような練習でも、しっかりと他の選手もこなすようになっているので、そこに関しては成長があるのかなと思っています。
一つ目の質問については、選手は自分たちの成長とプラス、このチームの結果に繋げるためにということでやっていると思いますし、それに関しては選手はトライしていますね。今このU‐23のメンバーでやっている中で、例えば経験豊富な選手のプレーを間近で感じることが出来ないということで言うと、例えばトップの選手との練習の時間が少しあるとその背中を見て学べるところはあるんじゃないかというふうに思っているし、そういう話も聞きますし、そういった時間も今後取れれば個人の成長に繋がっていくとこちらも思っていますし、選手もそういう場を望んでいるところはあると感じています。」

Q「負けたとはいえ1点取られた後の迫力を持った攻撃に続いて、同点にした後逆転しかけた攻撃などだいぶ押し込んで狙い通りの攻撃が出てきたのはかなり収穫かなと思いますが、その辺りの手応えはどうでしょうか。」
宮本監督「まぁ、相手も引いた中でというところもあるとは思うんですが、人をかけてそこを崩し切る質であったりリスクマネージメントの部分は目立ちましたし、そこは口を酸っぱくして言っているところで、試合の流れを感じながらという部分で、選手にも先ほど言いましたけど、いい流れにあるときにいい流れを続けられるようなサッカー、休まないとかテンポを落とさないというところは学んで欲しいと話をしましたし、それを今日、経験としてみんな感じたと思いますね。ただ1‐2になった後、少しギアがメンタル的に落ちたところはありましたが、また上がったところに関してもいいとは思いますし、勝つことでこないだ得たような自信というのは勝たないと得られないと思いますし、そういった意味では選手が悔しさを感じていると思いますから、次に向けてしっかりとやっていきたいです。」

Q「今日はCBを左右、いつもと入れ替えたように思いましたが、理由を聞かせてください。」
宮本監督「それは本人たちがやりやすいみたいですね。左右、本人たちがやりやすい方がいいなと思いますし、自分の現役時代のことを振り返っても、それは彼らを尊重しました。
(Q「サイドバックとのバランスということではないですか?」)では、ないですね。」