• Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

試合詳細

 2015.8.11(火) 19:00~ 万博(12,722人) 晴 主審:譚海 副審:穆宇欣 / 霍偉明

ガンバ大阪

試合終了
0
-
3
 
0 前半 2
0 後半 1
 

リバープレート

  • カルロス・サンチェス 8 '
  • ガブリエル・メルカド 31 '
  • ゴンサロ・マルティネス 61 '
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • イエローカード
  • イエローカード
  • ゴール
  • ゴール
  • ゴール
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • 交代
タイムライン
ガンバ大阪
  • 監督 長谷川健太
  • イエローカード0枚 GK 18 藤ヶ谷陽介
  • イエローカード0枚 DF 6 金正也
  • イエローカード0枚 DF 8 岩下敬輔
  • イエローカード0枚 DF 15 今野泰幸
  • イエローカード0枚 DF 22 オ・ジェソク
  • イエローカード0枚 MF 7 遠藤保仁
  • イエローカード0枚 MF 17 明神智和
  • イエローカード0枚 MF 19 大森晃太郎
  • イエローカード0枚 MF 21 井手口陽介
  • イエローカード0枚 FW 9 リンス
  • イエローカード0枚 FW 29 パトリック
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 16 田尻健
  • イエローカード0枚 DF 3 西野貴治
  • イエローカード0枚 DF 4 藤春廣輝
  • イエローカード0枚 MF 10 二川孝広
  • イエローカード0枚 MF 11 倉田秋
  • イエローカード0枚 MF 13 阿部浩之
  • イエローカード0枚 FW 20 長沢駿
  • イエローカード0枚 FW 24 赤嶺真吾
  • イエローカード0枚 FW 30 平尾壮

速報

  • 90+4'
    試合終了

  • 90'
    アディショナルタイム 3分

  • 90'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 13 阿部浩之

    左サイドから中に入って右足のシュートはGK正面に。

  • 86'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 11 倉田秋

    左クロスに上がってきた倉田がトラップからシュートも、枠に飛ばず。

  • 84'
    ガンバ大阪 直接FK

    遠藤がゴール前に入れるが、DFにクリアされる。

  • 83' 交代
    ガンバ大阪 交代

    DF 22 オ・ジェソク OUT → FW 30 平尾壮 IN

  • 80'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 24 赤嶺真吾

    クロスにヘディングであわせるが、シュートは枠に飛ばず。

  • 78'
    ガンバ大阪 CK

    DFにクリアされる。

  • 78' 交代
    リバープレート 交代

    MF 8 カルロス・サンチェス OUT → MF 18 カミロ・マジャダ IN

  • 77'
    ガンバ大阪 シュート

    DF 8 岩下敬輔

    ファーサイドでフリーでヘディングであわせるが、GKに防がれ再びCKに。

  • 77'
    ガンバ大阪 CK

  • 77'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 11 倉田秋

    右サイド二川からのパスを左サイドで折り返し、赤嶺がスルーして倉田がゴール前でシュートも、防がれる。

  • 75'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 24 赤嶺真吾

    阿部のシュートがDFにあたり、ゴール前であわせるがGKにキャッチされる。

  • 73'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 7 遠藤保仁

    FKを直接狙うが、GKにキャッチされる。

  • 73'
    ガンバ大阪 直接FK

  • 71' 交代
    ガンバ大阪 交代

    FW 29 パトリック OUT → FW 24 赤嶺真吾 IN

  • 69'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 29 パトリック

    右からのクロスをフリーでヘディングであわせるが、枠に飛ばず。

  • 69'
    ガンバ大阪 CK

  • 68'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 7 遠藤保仁

    FKを直接狙うが、ゴールにならず。

  • 68'
    ガンバ大阪 直接FK

  • 64' 交代
    リバープレート 交代

    FW 29 ハビエル・サビオラ OUT → MF 27 ルイス・ゴンサレス IN

  • 64' 交代
    ガンバ大阪 交代

    FW 9 リンス OUT → MF 13 阿部浩之 IN

  • 61' ゴール
    リバープレート ゴール

    MF 10 ゴンサロ・マルティネス

    CKからのカウンター。右サイドからゴール前に進入され、左足で決められる。

  • 60'
    ガンバ大阪 CK

    ニアサイドでクリアされる。

  • 57' イエローカード
    ガンバ大阪 イエローカード

    MF 11 倉田秋

  • 55' 交代
    ガンバ大阪 交代

    MF 19 大森晃太郎 OUT → MF 10 二川孝広 IN

  • 53'
    リバープレート シュート

    MF 10 ゴンサロ・マルティネス

    ペナルティエリア外から左足のシュートは枠を外す。

  • 52' 交代
    リバープレート 交代

    MF 23 レオナルド・ポンシオ OUT → MF 10 ゴンサロ・マルティネス IN

  • 52' 交代
    リバープレート 交代

    FW 22 セバスティアン・ドリウッシ OUT → MF 15 レオナルド・ピスクリチ IN

  • 52' 交代
    リバープレート 交代

    MF 16 ニコラス・ベルトロ OUT → FW 19 タバレ・ビウデス IN

  • 49'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 9 リンス

    左サイドからドリブルで入ってきて、シュートも枠を捉えず。

  • 46'
    後半開始

  • 46' 交代
    ガンバ大阪 交代

    MF 17 明神智和 OUT → DF 4 藤春廣輝 IN

  • 45+2'
    ハーフタイム

  • 45+1'
    リバープレート CK

  • 45'
    リバープレート シュート

    MF 8 カルロス・サンチェス

    左からのクロスにフリーでダイレクトボレーを打たれるも、バーに当たる。

  • 45'
    アディショナルタイム 1分

  • 44' イエローカード
    ガンバ大阪 イエローカード

    DF 8 岩下敬輔

  • 41' 交代
    ガンバ大阪 交代

    DF 6 金正也 OUT → MF 11 倉田秋 IN

  • 40'
    リバープレート CK

    ファーサイドでDFがクリア。

  • 37'
    リバープレート シュート

    MF 8 カルロス・サンチェス

    ペナルティエリア内でこぼれ球を拾われ、フェイントからシュートを打たれるが、枠を外す。

  • 36'
    ガンバ大阪 CK

    DFにクリアされる。

  • 35'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 29 パトリック

    早いタイミングからFKを遠藤が蹴り、ファーサイドでフリーでパトリックがあわせるが、GKに防がれる。

  • 35'
    ガンバ大阪 直接FK

  • 31' ゴール
    リバープレート ゴール

    DF 25 ガブリエル・メルカド

    ファーサイドをヘディングであわされる。

  • 31'
    リバープレート CK

  • 31'
    リバープレート シュート

    FW 29 ハビエル・サビオラ

  • 24'
    ガンバ大阪 CK

    ゴール前の接触プレーでファールを取られる。

  • 23'
    ガンバ大阪 CK

    遠藤が直接狙うが、GKに防がれ、続けてCKに。

  • 22'
    ガンバ大阪 CK

    遠藤が蹴るが、ニアサイドでクリアされる。

  • 15'
    リバープレート シュート

    FW 29 ハビエル・サビオラ

    藤ヶ谷が正面でキャッチ。

  • 15'
    リバープレート CK

    DFがクリア。

  • 8' ゴール
    リバープレート ゴール

    MF 8 カルロス・サンチェス

    ペナルティエリア内での接触プレーからPKを取られ、ゴールを決められる。

  • 8'
    リバープレート PK

  • 5'
    リバープレート シュート

    MF 8 カルロス・サンチェス

    左足のシュートは枠を外す。

  • 2'
    リバープレート CK

  • 1'
    試合開始

リバープレート
  • 監督 マルセロ・ダニエル・ガジャルド
  • イエローカード0枚 GK 1 マルセロ・バロベロ
  • イエローカード1枚 DF 25 ガブリエル・メルカド
  • イエローカード0枚 DF 2 ホナタン・マイダナ
  • イエローカード0枚 DF 6 ラミロ・フネス・モリ
  • イエローカード0枚 DF 21 レオネル・バンヒオニ
  • イエローカード1枚 MF 8 カルロス・サンチェス
  • イエローカード0枚 MF 23 レオナルド・ポンシオ
  • イエローカード0枚 MF 5 マティアス・クラネビッテル
  • イエローカード0枚 MF 16 ニコラス・ベルトロ
  • イエローカード0枚 FW 22 セバスティアン・ドリウッシ
  • イエローカード0枚 FW 29 ハビエル・サビオラ
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 26 フリオ・チアリニ
  • イエローカード0枚 DF 3 エデル・アルバレス・バランタ
  • イエローカード0枚 MF 18 カミロ・マジャダ
  • イエローカード0枚 MF 14 アウグスト・ソラリ
  • イエローカード0枚 MF 15 レオナルド・ピスクリチ
  • イエローカード0枚 MF 27 ルイス・ゴンサレス
  • イエローカード1枚 MF 10 ゴンサロ・マルティネス
  • イエローカード0枚 FW 17 ルーカス・ボジェ
  • イエローカード0枚 FW 19 タバレ・ビウデス

ゲームスタッツ

ガンバ大阪
  • 合計
  • 前半
  • 後半
リバープレート

シュート数

12
12
MF 7 遠藤保仁
2
MF 13 阿部浩之
2
MF 11 倉田秋
2
FW 9 リンス
2
FW 29 パトリック
2
FW 24 赤嶺真吾
1
DF 8 岩下敬輔
1
MF 8 カルロス・サンチェス
5
MF 10 ゴンサロ・マルティネス
2
FW 22 セバスティアン・ドリウッシ
2
DF 25 ガブリエル・メルカド
2
FW 29 ハビエル・サビオラ
1

CK

8
5

直接FK

17
14

間接FK

1
2

PK

0
1

GK

6
10

オフサイド

1
1

シュート数

2
10
FW 9 リンス
1
FW 29 パトリック
1
MF 8 カルロス・サンチェス
5
FW 22 セバスティアン・ドリウッシ
2
DF 25 ガブリエル・メルカド
2
FW 29 ハビエル・サビオラ
1

CK

4
5

直接FK

6
6

間接FK

1
1

PK

0
1

GK

4
3

オフサイド

1
0

シュート数

10
2
MF 7 遠藤保仁
2
MF 13 阿部浩之
2
MF 11 倉田秋
2
FW 9 リンス
1
FW 29 パトリック
1
FW 24 赤嶺真吾
1
DF 8 岩下敬輔
1
MF 10 ゴンサロ・マルティネス
2

CK

4
0

直接FK

11
8

間接FK

0
1

PK

0
0

GK

2
7

オフサイド

0
1

シュート数

0
0

CK

0
0

直接FK

0
0

間接FK

0
0

PK

0
0

GK

0
0

オフサイド

0
0
※本試合に関しては、スタッフが集計した値をチームスタッツに表示しています。

総評(試合終了後のガンバ大阪コメント)

監督
長谷川監督「本当に勝てなかったことは残念に思います。ホームで、サポーターもたくさん来ていただいて、期待もしてくださっていたと思いますが、勝てなかったのは本当に残念だと思っています。
こういうコメントはしたくなかったのですが、ガンバらしいサッカーができ、チャンスも作ることができて、あと一歩、特に後半、相手も地球の裏側から来て、この暑さで足が止まってという中で一点返せれば、本当にたたみかけるくらいの感じには試合を運ぶことができたと思うのですが。前半のパトリックの決定機もあり、そういう、いつもこういう日本のサッカーのコメントになってしまうのが非常に残念ですが、決定力の違いというところが今日の試合も最終的に結果にそのまま直結してしまったかと。前半、相手がアグレッシブにくるか、この暑さで引いて守ってくるのかというところが、ちょっと読みづらい部分はありましたが、普段通り非常にアグレッシブに入ってきたので、そういう中ではじめなかなか慌ててしまってミスもありましたけど、ゲーム前にミスがあってもそこは逃げずにしっかりつないでいこうという話を選手たちにして、どうしても長いボールを使ってしまうと間延びしてしまうので、そこは非常に相手のタイトなプレッシャーのなかで全体がボールに対して反応して、とにかくミスがあってもまたみんなでカバーし合いながら、相手のコンタクトの強さだったり、スピードの強さだったり、慣れてくれば必ずやれるし。時間が進めば自分たちのサッカーができるようになるので、始めから回避するのではなく、きちっと全員でサッカーをしていこうという話をして。何回かミス絡みで食われましたけど、いい形で、ジョンヤにしても、みょう(明神)にしても悪かったわけではなく、2点差を返さなければいけないということで、後半から陽介をボランチに上げて、サイドバックにハル(藤春)を使ってと。非常に井手口も未知数な部分はありましたが、後半堂々とプレーしてくれて、トップチームでも十分使える目処はたったのかなという働きをしてくれたと思いますし、藤春にしても、倉田にしてもさすがやっぱり代表だというプレーを、今日してくれたんじゃないかと思っています。本当にこういうコメントをするのが悔しいし、やっぱりリーベルは世界的なクラブですけど、そういうクラブにJリーグのチームが、もちろんホームのアドバンテージがあるにせよ勝てるようになっていかないと、代表が世界で勝つということに繋がっていかないと思うので、いい試合で終わると、こういうコメントするのが悔しいですし、向こうは向こうで非常にゲームマネジメントしてしっかり勝ち切ったというコメントになると思うので、まだアジアのACLも残っていますし、今シーズン今年の最後にCWCに出てリベンジできるようにここから全員で力を合わせて戦っていきたいというふうに思います。

Q 監督がおっしゃっていたように決定機の数は変わらなかったと思いますが、3-0というスコアで、一瞬のシビアさだったりということで日本サッカーのことをおっしゃられていましたが、そこを縮めていく上で、ガンバが今後、必要になってくるところと、この試合を経験したことでACLにつながると思いますけれど、あえて収穫というところは?
A 決定力、どうしたらいいんですかね、永遠の課題だと思いますけど。ただ、こういう自分たちで崩してしっかりとチャンスを作ることができたというのがひとつ大きな収穫だったと思いますし、そういうところでトレーニングしかないと思いますし、ああいうところで冷静さというとことが南米のトップクラブの選手との違いだと思いますし、そこを埋めていかない限りは日本が世界で勝っていけるサッカーになっていかないと思います。収穫というところで言えば、先ほども言いましたが、陽介だったり、倉田が真ん中で非常にいいプレーもしてくれましたし、二川も久しぶりの試合でしたが、非常にいいプレーもしてくれて、今までなかなかチャンスがなかった選手が試合に出て、存在感を示すプレーをしてくれたので、そういう意味で後半戦さらにタイトなスケジュールになっていきますので、その中でコンディションを見ながら選手を使っていきたい思います。

Q 相手の出方ですが、ある程度スカウティングはされていたと思いますが、その上で予想外というか、先ほど話を少しおっしゃられていましたが、それ以外のところで予想外、想定外のところはありましたか・
A 想定外のことは全くないです。向こうは多分ガンバのことを何も知らなかったと思いますけど、我々はリベルタドーレス杯の決勝も見ることができましたし、アルゼンチンリーグの試合も見ていましたし、特別虚をつかれたというか、想定外だったということはなかったですが、この暑さはたぶんリーベルの選手はきついと思いまので、試合の入り方をいつものように入ってくるのか、それともきちっとブロックをつくってそこからのカウンターを狙ってくるのか、そこのところは若干どういう入り方をするのかわからない部分はあったんですが、どちらできてもやっぱりうちのサッカーをしっかりとやっていこうという話をしましたので、あのくらいプレッシャーがきた中で何回か食われるシーンはありましたが、いい経験にはなったと言いたくはないですが、やっぱりあれくらいのプレッシャーをかけられた中でしっかりとプレーできるようになってくれば本物になってくるのではないかと思います。