ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

試合詳細

決勝 2014.11.8(土) 13:05~ 埼玉(38,126人) 曇 主審:西村雄一 副審:相樂亨 / 大川直也

サンフレッチェ広島

  • 佐藤寿人 20 '
  • 佐藤寿人 35 '
試合終了
2
-
3
 
2 前半 1
0 後半 2
 

ガンバ大阪

  • パトリック 38 '
  • パトリック 54 '
  • 大森晃太郎 71 '
  • ゴール
  • ゴール
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • イエローカード
  • ゴール
  • ゴール
  • ゴール
  • 交代
  • 交代
  • 交代
  • イエローカード
タイムライン
サンフレッチェ広島
  • 監督 森保一
  • イエローカード0枚 GK 1 林卓人
  • イエローカード0枚 DF 33 塩谷司
  • イエローカード0枚 DF 5 千葉和彦
  • イエローカード0枚 DF 4 水本裕貴
  • イエローカード0枚 MF 18 柏好文
  • イエローカード1枚 MF 6 青山敏弘
  • イエローカード0枚 MF 30 柴﨑晃誠
  • イエローカード0枚 MF 16 山岸智
  • イエローカード1枚 MF 9 石原直樹
  • イエローカード0枚 MF 10 髙萩洋次郎
  • イエローカード0枚 FW 11 佐藤寿人
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 13 増田卓也
  • イエローカード0枚 DF 2 ファン・ソッコ
  • イエローカード0枚 MF 8 森﨑和幸
  • イエローカード0枚 MF 27 清水航平
  • イエローカード1枚 MF 7 森﨑浩司
  • イエローカード0枚 MF 24 野津田岳人
  • イエローカード0枚 FW 22 皆川佑介

速報

  • 90+4'
    試合終了

  • 90+3' 交代
    ガンバ大阪 交代

    MF 13 阿部浩之 OUT → MF 11 倉田秋 IN

  • 90+3' イエローカード
    ガンバ大阪 イエローカード

    FW 29 パトリック

  • 90+2'
    サンフレッチェ広島 シュート

    MF 27 清水航平

    ミドルシュートは枠を外す。

  • 89'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 9 リンス

    ミドルシュートはゴールにならず。

  • 88'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 29 パトリック

  • 88'
    ガンバ大阪 直接FK

  • 87' イエローカード
    サンフレッチェ広島 イエローカード

    DF 5 千葉和彦

  • 87'
    サンフレッチェ広島 直接FK

    DFがクリア。

  • 85'
    ガンバ大阪 直接FK

  • 84' 交代
    ガンバ大阪 交代

    FW 39 宇佐美貴史 OUT → FW 9 リンス IN

  • 83' 交代
    サンフレッチェ広島 交代

    MF 30 柴﨑晃誠 OUT → FW 22 皆川佑介 IN

  • 83'
    サンフレッチェ広島 シュート

    MF 30 柴﨑晃誠

    左サイドからのクロスから、FWがボールを落とし、シュートも枠を外す。

  • 81'
    ガンバ大阪 直接FK

    ゴール前に入れるが、ファールを取られる。

  • 79'
    サンフレッチェ広島 直接FK

    DFがクリア。

  • 78'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 29 パトリック

    遠藤がFKを蹴り、ファーサイドでヘディングシュートもGK正面。

  • 78'
    ガンバ大阪 直接FK

  • 78' 交代
    サンフレッチェ広島 交代

    FW 11 佐藤寿人 OUT → MF 7 森﨑浩司 IN

  • 76'
    サンフレッチェ広島 CK

    ショートコーナーからゴール前に入れるが、DFがクリア。

  • 72' 交代
    サンフレッチェ広島 交代

    MF 16 山岸智 OUT → MF 27 清水航平 IN

  • 71' ゴール
    ガンバゴール

    MF 19 大森晃太郎

    阿部のシュートのこぼれ球をゴール前に走りこんできた大森がヘディングで押し込み、逆転に成功!!

  • 71'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 13 阿部浩之

    ゴール前のシュートは広島GKにパンチングで防がれる。

  • 69'
    ガンバ大阪 直接FK

    遠藤がゴール前に入れるが、ニアサイドでクリアされる。

  • 67'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 29 パトリック

    大森が左サイドでボールを持っていると、外から追い抜いた宇佐美へパス。ゴール前のパトリックへ渡り、決定的な場面もDFに阻まれゴールにならず。

  • 66'
    サンフレッチェ広島 シュート

    MF 16 山岸智

    左サイドから中に切り込み、シュートは外にそれて外れる。

  • 63'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 7 遠藤保仁

    左足のミドルシュートはGKがキャッチ。

  • 61'
    ガンバ大阪 CK

    GKがパンチングでクリア。

  • 60'
    ガンバ大阪 CK

    ゴール前に入れ、こぼれ球を何とかシュートしようとするが、広島のDFに阻まる。

  • 54' ゴール
    ガンバゴール

    FW 29 パトリック

    左サイド宇佐美からのクロスに、前で阿部が囮になり、後ろのパトリックが再びヘディングでゴールを決め、同点に!!

  • 52'
    ガンバ大阪 CK

    遠藤がニアサイドに蹴るもシュートまでいかず。

  • 51'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 13 阿部浩之

    遠藤からのパスを受けた阿部がシュートも、GKが片手ではじき出しCKに。

  • 51'
    ガンバ大阪 CK

    DFにクリアされる。

  • 50'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 29 パトリック

    ペナルティエリア内でボールを受け、反転してシュートはGKのファインセーブでCKに。

  • 49'
    サンフレッチェ広島 シュート

    MF 6 青山敏弘

    ミドルシュートは枠を大きく外す。

  • 46'
    後半開始

  • 46' 交代
    ガンバ大阪 交代

    MF 17 明神智和 OUT → MF 19 大森晃太郎 IN

  • 45+2'
    ハーフタイム

  • 38' ゴール
    ガンバゴール

    FW 29 パトリック

    左サイドの遠藤からのクロスにDFと競りながらもヘディングシュート!ゴールに突き刺さり、1点を返す!

  • 35' ゴール
    サンフレッチェ広島 ゴール

    FW 11 佐藤寿人

    シュートのこぼれ球を押し込まれ、追加点を許す。

  • 35'
    サンフレッチェ広島 シュート

    MF 9 石原直樹

  • 34'
    ガンバ大阪 CK

    DFがクリア。

  • 33'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 13 阿部浩之

    右サイドから宇佐美がドリブルで入り、一度はDFが防ぐが、そのこぼれ球を阿部がシュートもDFに当たりCKに。

  • 30'
    サンフレッチェ広島 CK

    パトリックがヘディングでクリア。

  • 27'
    ガンバ大阪 シュート

    MF 13 阿部浩之

    ペナルティエリア前での細かいパス交換からDFの裏へ通り、阿部のシュートはミートせずにGKにキャッチされる。

  • 26'
    ガンバ大阪 CK

  • 22'
    ガンバ大阪 シュート

    FW 29 パトリック

    CKからのこぼれ球をシュートもゴールにならず。

  • 22'
    ガンバ大阪 CK

  • 20' ゴール
    サンフレッチェ広島 ゴール

    FW 11 佐藤寿人

    東口も反応し、手には当たったが止めきれず、ゴールを許す。

  • 20'
    サンフレッチェ広島 PK

  • 5'
    サンフレッチェ広島 シュート

    FW 11 佐藤寿人

    スローインから始まり、右クロスにヘディングシュートを合わされるが、枠を外す。

  • 3'
    サンフレッチェ広島 シュート

    MF 9 石原直樹

    佐藤がドリブルで中央を突破し、DFがスライディングでとめるが、そのこぼれ球をシュートも、枠を外す。

  • 1'
    サンフレッチェ広島 シュート

    MF 10 髙萩洋次郎

  • 1'
    試合開始

ガンバ大阪
  • 監督 長谷川健太
  • イエローカード0枚 GK 1 東口順昭
  • イエローカード0枚 DF 14 米倉恒貴
  • イエローカード0枚 DF 5 丹羽大輝
  • イエローカード0枚 DF 8 岩下敬輔
  • イエローカード1枚 DF 22 オ・ジェソク
  • イエローカード0枚 MF 17 明神智和
  • イエローカード1枚 MF 15 今野泰幸
  • イエローカード0枚 MF 13 阿部浩之
  • イエローカード0枚 MF 7 遠藤保仁
  • イエローカード0枚 FW 39 宇佐美貴史
  • イエローカード0枚 FW 29 パトリック
  • サブ
  • イエローカード0枚 GK 16 河田晃兵
  • イエローカード0枚 DF 4 藤春廣輝
  • イエローカード0枚 DF 6 金正也
  • イエローカード0枚 MF 11 倉田秋
  • イエローカード0枚 MF 19 大森晃太郎
  • イエローカード1枚 FW 9 リンス
  • イエローカード0枚 FW 20 佐藤晃大

ゲームスタッツ

サンフレッチェ広島
  • 合計
  • 前半
  • 後半
ガンバ大阪

シュート数

10
14
FW 11 佐藤寿人
3
MF 9 石原直樹
2
MF 6 青山敏弘
1
MF 30 柴﨑晃誠
1
MF 27 清水航平
1
MF 16 山岸智
1
MF 10 髙萩洋次郎
1
FW 29 パトリック
6
MF 13 阿部浩之
5
MF 7 遠藤保仁
1
MF 19 大森晃太郎
1
FW 9 リンス
1

CK

2
7

直接FK

12
14

間接FK

1
0

PK

1
0

GK

7
13

オフサイド

1
0

シュート数

6
3
FW 11 佐藤寿人
3
MF 9 石原直樹
2
MF 10 髙萩洋次郎
1
MF 13 阿部浩之
2
FW 29 パトリック
1

CK

1
3

直接FK

2
6

間接FK

1
0

PK

1
0

GK

3
5

オフサイド

1
0

シュート数

4
11
MF 6 青山敏弘
1
MF 30 柴﨑晃誠
1
MF 27 清水航平
1
MF 16 山岸智
1
FW 29 パトリック
5
MF 13 阿部浩之
3
MF 7 遠藤保仁
1
MF 19 大森晃太郎
1
FW 9 リンス
1

CK

1
4

直接FK

10
8

間接FK

0
0

PK

0
0

GK

4
8

オフサイド

0
0

シュート数

0
0

CK

0
0

直接FK

0
0

間接FK

0
0

PK

0
0

GK

0
0

オフサイド

0
0
※チームスタッツは試合中は速報を元に集計した値を表示し、試合後しばらくしてから公式スタッツの値を表示しています。

ハーフタイムコメント

サンフレッチェ広島

・守備は、しっかりアプローチすること。
・守りに入らず追加点を奪って勝負を決めよう!
・簡単には優勝できないぞ。もう一度ハードワークしよう。

ガンバ大阪

・弱気にならず、後半入りからきちんとプレーしよう。
・上手く人が絡んでいる。どんどん絡んでいこう。
・いい感じで崩せている。あわてずに1点返そう。

総評(試合終了後のガンバ大阪コメント)

監督
本当に選手が最後の最後まで戦ってくれて、頑張ってくれたお陰で、こうしてガンバ大阪が優勝することが出来たと思いますし、たくさんのサポーターがこの埼玉スタジアムに応援に駆けつけてくれて、そのサポーターにタイトルをプレゼントすることが出来たのが、本当に嬉しく思っています。
なんなんですかね(笑)。0-2になったときは持っていないな、厳しいゲームだな、と思いましたけど、そこから遠藤・今野がしっかりとチームをまとめてくれたのが大きかったのかなと。前半に1点を返すことが出来たので、チーム的にも後半いけるという雰囲気でハーフタイムを迎えることが出来たと思いますし、後半の開始から大森が非常にアグレッシブにプレーをして、また同点に追いついた後も、チーム全体がそのままの勢いで3点目、決勝点という形で試合をし続けてくれたのが非常に大きかったと思っていますし、宇佐美もパトリックもあのくらい守備をしてくれれば、本当に楽なんですが(笑)。ただ、なかなか手の届かなかった、私自身の話ですけれど、タイトルを獲る事が出来たということは、本当に素晴らしい選手達がいてくれたお陰、また素晴らしいスタッフがここまで支えてくれたお陰だと思いますし、クラブも本当にチームを支えてくれたお陰でですね、こうしてJ2から上がってきたチームが、まずナビスコカップのタイトルを獲る事が出来たと思いますので、今日くらいはみんなと一緒に喜んで、また休んで、リフレッシュしたら、リーグ戦に向けてしっかりと準備をしていきたいと思います。
有難うございました。

Q 前半は少し変則的な布陣に見えて、後半大森を入れてノーマルな形にされたと。前半と後半の狙いを。

A 前半は過去2戦、天皇杯とリーグ戦で広島と対戦したときに、中盤をひし形でやって非常に機能したということで、前半はそういう形で望みました。前半が悪かったわけではないんですが、点を獲りに行くには少し後ろが重かったんで、後半は大森を入れていつもの形にしましたけれど。前半もやられているシーンはミスがらみだと思いますし、決して布陣が機能しなかったわけではなかったと思いますし、明神も中盤でよく戦ってくれたと思いますし、前半であの形で1点返せた、そこから後半、まだ点を獲りに行くときにはああいう形も一つの選択肢に入っていましたんで、そういう意味では選手もよく理解してプレーをしてくれたと思っています。

Q 天皇杯もあと2つ勝てばタイトルが手に届くところまで着ましたが、月末の準決勝、決勝の相手はJ2ですから、これはいかがでしょうか?

A まずは天皇杯というよりは11/22のレッズ戦のことをまず考えて戦っていきたいと思います。結果を踏まえて、天皇杯をどういう形で戦うか、ということを考えていかないといけないかなと思っています。あと2つですけれど、ACLというところは一つチームにとって最低のノルマだと思っていますし、1つ獲ったことで、選手も気持ちが楽というか、無冠で終わってしまったらプレッシャーがかかると思いますが、いい形で11/22のレッズ戦に望むことができると思いますので、その結果を踏まえて、天皇杯をどういう布陣で戦うのか、どうするのか、ということをまた考えていきたいと思っています。

Q ハーフタイムのコメントですが、「弱気にならず、後半入りからきちんとプレーしよう」と本当に言ったのか?J2から上がった瞬間、3冠を獲ると。今まで歴史がなかったので。、歴史を作りたいということで、何かコメントを

A ハーフタイムはあんまり何を言ったか覚えていないんですけれど(笑)。前半悪くはないという話で、後半負けているんで、明神に変えて大森を入れるんで、よりアグレッシブにいこうと。前半パトリックが非常に動き出しをしてボールを引き出す形からチームのリズムが出てきたので、その辺のところは続けて。また前線に入ったときにサポートの数が少なかったんで、遠藤がボランチに入ることで、前線への供給が多くなると思しましたし、それだけにどうやって人が絡むのか、ということを意識してやっていこうと。絶対に同点に追いつけるし、そしたら絶対にこの試合勝てるという話をして、ハーフタイムに送り出しました。
3冠についての話は、松下副会長がそういう話をされて、パーティの席で。十分理解をしているつもりですが、ここまで1試合1試合の積み重ねできましたんで、一つ獲ったからあと二つ獲ります、という簡単な世界ではないということは十分に分かっていますし、だからこそ、次のリーグ戦が大事になるわけで、まずはそこに向けて全力で準備していきたいと思いますし、シーズン終盤にそういう形で終わることができれば、本当に最高のシーズンが送れるんじゃないかなと思います。

Q グループリーグから若手とかいろんな力で勝ちあがってきたと思いますが、世代交代も含め、J1に上がってきたチームがタイトルを獲りきったということで、タイトルがチームにもたらす意味はどうお考えでしょうか?
A 今回のメンバーで前回のガンバ大阪のナビスコの優勝を経験しているのは、明神と遠藤の二人だけだと思いますので、そういう意味では決勝の舞台、今野はFC東京で優勝していますけれど、それ以外の選手、岩下は決勝をやっていますけれど、勝ったことがないと。ほとんど新しい世代の選手が今日ピッチに立ったと思いますけれど、そういう選手達が勝つことによって自信をつけていくと思いますし、今日、(大森)晃太郎がとりましたけど、それ以外の選手でここまでナビスコ、高校生も使いましたし、みんなで襷をつないで決勝まで来たと思っています。そういう意味ではいい形で、最高の形で終わることが出来たということは、ガンバ大阪にとって大きな財産になると思いますし、ここからまた新しい時代の始まりと言ってもいいんじゃないかと思っています。

Q ご自身初タイトルとおっしゃっていましたが、ホイッスルが鳴ったときのお気持ちと、表彰式でどのように感じられましたか?
A 鳴ったときは勝つときはこんなもんだな、と改めて思いました。表彰式のときはサンフレッチェの選手のことがすごい気になって、あまり素直に喜べなかったです。いつもグッドルーザーにならないと思って、優勝チームを下から見上げていたことばっかりだったので、本当にサンフレッチェの選手は最後まできちんとガンバの選手をたたえてくれて、本当に素晴らしいチームだと思いましたし、選手だなということで。寿人におつかれさん、といえなかったのは少し残念でしたけど、そんな気持ちで見ていました。

Q 試合終了後に、最初にサンフレッチェの選手に握手をしていたのが印象的でしたが、どういう気持ちでああいう行動にいたったんでしょうか。
A こういう素晴らしいゲームが出来た、また試合結果を得ることが出来たということは、相手があってのことだと思いますし、サンフレッチェの選手もチームも素晴らしいサッカーをしてくれたからこそ、こういう結果が得ることが出来たと思いますし、素晴らしい決勝戦をすることが出来たと思いましたので、自分のところにいくというよりは、彼らの気持ちは痛いほど、僕は2位の方が多かったので、負けたチームの気持ちや悔しさはわかっているつもりなんで、本当に感謝の気持ちを込めて握手をさせていただきました。

Q 表彰式が終わった後、キャプテンの遠藤選手からカップを少し手渡されて受け取られていたと思いますが、その時の感触は?
A よく見ていますね(笑)。やっとが気を遣って、カップをどうぞ、と。初めてですよね、監督になってと。そうだけど、このカップは掲げたことがあるんで、また自分達で掲げてくれという形で、あの場では少し照れもあって、やりませんでしたけど、また帰ってゆっくりとナビスコカップを眺めたいなと思いますし、こっそりと掲げたいと思っています(笑)。